言語化からスタートするプロジェクト | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

NOTE日記

言語化からスタートするプロジェクト

POSTED | 2022.07.29

CATEGPRY | 日常

WRITER | ハギワラ マサタカ

言語化からスタートするプロジェクト

こんにちは!
ブランドディレクターの萩原です。

今日は着手し始めたばかりのプロジェクトについてです。

先日、豊富かつユニークな輸入生地取り扱っている会社さんから、
ECサイトをリニューアルしたいというご相談がありました。

初めのお打ち合わせでは、「現状のサイトのデザインはなんだか古い気がする。」
というご相談内容だったのですが、色々お話を伺ってると、
そもそも自社のコンセプトが言語化できていないという課題が見つかりました。

ここで、疑問が浮かび上がってくるかと思います。

「そもそもコンセプトを言語化する意味ってあるの?」

この疑問に対する回答としては間違いなく「YES!!!」です。

●なんだか現状のデザインに対して、ピンときていない。
●デザインをコロコロ変えたくなってしまう。
●サービスや接客に一貫性がない。

これらのお悩みを持っている方は是非、
コンセプトの言語化から始めていただきたいです。

ポイントとしては、その言葉にも、「自分たちらしさ」があること。

デザインは(世界観づくり)言葉をヒントに創り上げていくものです。

もちろん言葉がなくても、デザインを施すことはできますが、
そのデザインにはらしさ(個性)が宿りません。

その様にして作られたデザインは、またいずれ変更したくなるでしょう…。

・・・

そんなこんなで、先ほどご紹介させていただいた会社さんもまずはコンセプト設計から着手することになりました。

今回のお客様も本当に親しみやすい方で、
時より冗談も交えてくれて、その場を和ませてくれます。
お話していて、楽しいのなんの!

取り扱っている生地にもご担当者の方のこだわりが、これでもかというくらいに感じられて、
僕自身も魅了されてしまいました。

初対面を終え、シンプルに思ったのが、「力になりたい」です。

今回のプロジェクトで先陣きってコンセプト設計を担当するのは、
「目の前のお客様の役に立つためなら、時間を惜しまない」と豪語する、超絶熱い男、山ちゃんです。

全ての力をお客様に注いでくれるはずです。

・・・

ちなみに、ポケットでは一つのご依頼に対して、
一人の担当者に全てを任せるということはしておらず、
チームとして取り組む様にしています。

理由としては、力の分散をなくし、
ポケットというチームが出せる最大限の価値を提供していきたいという想いからです。

今回の会社さんのデザインにも、どんな「らしさ」が宿るのか…

またご報告します!

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

CATEGORY

ARCHIVE

トップページ > 日記 > 言語化からスタートするプロジェクト

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

JOURNAL

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 集客のこと
  • マーケティング
  • 起業開業について
Learn more

      CONCEPT

      3度の起業を経験し
      いくつもの失敗を
      繰り返してきた
      実務者だから
      分かる事がある。

      ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
      数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
      本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
      ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
      そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

      MEMBER

      • Nakamura Hiroki

        ブランドプロデューサー

        Nakamura Hiroki

        Learn more
      • Hagiwara Masataka

        ブランドディレクター

        Hagiwara Masataka

        Learn more
      • Yamada Hironobu

        アシスタントディレクター

        Yamada Hironobu

        Learn more
      • Umehara Taichi

        デザイナー

        Umehara Taichi

        Learn more

      CONTACT

      お問合せは各フォームより
      承っております。

      ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
      各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。