オススメの伝え方 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

オススメの伝え方

ブランディング

POSTED | 2022.06.14

WRITER | ヤマダ ヒロノブ

オススメの伝え方
こんにちは!ヤマダです。

中村さん、萩原さんがブランドビジョンに関しての記事にされていたので、
本日は「ブランドビジョンの浸透するためにオススメの伝え方」をテーマにお話ししたいと思います。

(萩原さん→中村さん→山田の順番で見ると分かりやすいです◎)

▼萩原さんの記事(ブランドビジョンの定義・魅力あるブランドが生まれる具体的なフロー)


▼中村さんの記事(ブランドビジョンが浸透している実例とメリット)




お2人の記事をざっくりとまとめます。
企業のミッション、ビジョン、パーパスなどが全て一つにまとめられた、
企業の「こうありたい」を文章化したものがブランドビジョンになります。

注意点として、社内のスタッフからも共感できることはもちろんだが、
顧客視点で「価値」だと感じられるビジョン(在り方)を策定する必要がある。

つまり、社内でブランドビジョンという名の「在り方への共通の認識」を持つことで
顧客に対して、スタッフ1人1人が自発的に行動ができる様になる。

というお話しでした。


僕は、このブランドビジョン浸透に重要になってくるのは
「じぶんごと」というキーワードだと思います。

せっかく策定したブランドビジョンであっても、そこで働くスタッフさんが
「じぶんごと」として意識することができなければ、ブランドビジョンの浸透は進んでいきません。
浸透させるために意識すること、アクションプランが必要だと思うのです。


そこで、おすすめなのは主語を変えること。


企業の在り方を表すブランドビジョンは、やはり経営者の方々が決定するものだと思います。
経営陣や上司からの話は、どうしても聞き手であるスタッフからすると、
他人事のように聞こえてしまうことも多々あるように感じます。

小さなことかも知れませんが、「私たちは」という共通の主語に変えてみることで
当事者意識が生まれ「じぶんごと」として意識することができると思います。

「ブランドビジョンが決まったけど浸透していない気がする」
「スタッフのモチベーションが上がらない」
「能動的な行動をしてくれない」

そんな時はぜひ、主語を変えて伝えてみるのはいかがでしょうか?

それでは!!

WRITED BY

Yamada Hironobu

ブランドマネージャー2級
ファイナンシャルプランナー2級

地元長野で農業法人の立ち上げを経てポケットの一員となりました。前職では最先端の栽培方法とWebを活用した販売を経験。

主に販売部門と営業を任されており、近隣農家さんの代行販売なども行っておりました。

また、100名程度のパート・従業員のマネジメントや生産性向上にも注力してきました。

見せ方が分からない、伝え方が分からない、そんな人をデザインとブランディングでサポートするために転職を決意。

変化を願う方々と同じ目線でサポートさせていただきます。


 

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > オススメの伝え方

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。