価格の差はブランド力の差 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

価格の差はブランド力の差

ブランディング

POSTED | 2022.04.03

WRITER | ナカムラ ヒロキ

価格の差はブランド力の差
こんにちは!

うちには5匹のわんこがいるのですが、
一番新人の「くるみ@トイプードル」の名前だけいつも言い間違えてしまうナカムラです。
(´-`).。oO 記憶力がめっきりやばくなった…!

さてさて。

世の中には機能が同じでも、価格が異なる商品が山のようにあります。

例えばビール。

アサヒスーパードライが200円。
サントリープレミアムモルツは250円。

同じビールでも50円の差があります。

僕はお酒がめちゃくちゃ弱いので、
普段お酒を飲むことはほとんどありません。

でもそんな僕でもビールが飲みたくなる時があります。
(飲み会の場などを除いて)

それは週末です。

特に1週間が忙しかった時などは週末に飲みたくなります。

そんな時コンビニに行けば、スーパードライ、一番搾り、エビス、クリアアサヒなど、
たくさんの銘柄のビールが並んでいて、僕が選ぶビールは決まって「プレミアムモルツ」です。

アサヒスーパードライが200円。
サントリープレミアムモルツは250円。

ただビールが飲みたいのであればスーパードライでも良いはずです。
でも手に取るのはプレミアムモルツ。

正直に言います、僕はビールの味など分かりません。
ましてや50円の差(品質・製法の差)など一生分からないと思います。

でも手に取るのはプレミアムモルツ。

なぜだと思いますか?

それは僕の中で「1週間頑張った自分へのご褒美」
=「プレミアムモルツ」と連想連結しているからです。

だから、ビールコーナーに並んだ他のブランドのビールは比較対象外であって、
そこに価格の差があったとしても関係がないのです。

ブランド力があれば、ちょっとくらい高くても売れてしまう。

ブランドとは本当におもしろいものです。

それではまた明日!
おやすみなさい!

WRITED BY

Nakamura Hiroki

ブランドマネージャー1級
インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー
WEBマーケティング検定
ネットショップ販売士
WEBデザイン技能士
ドッグホリスティックケアカウンセラー
中小企業のための伴走型コンサルタント/23歳の時に独立、多くの失敗と少しの成功を積み重ね、3度の独立を経て営業マンゼロWEB集客のみでスタッフ数25名のデザイン会社へと成長。3つの会社の代表を務める傍ら、ブランディング、デザイン、プログラミング、写真撮影、動画制作などマルチに活動中。「ブランディングとデザインで経営は劇的に変わる」を信念に、一社でも多くの会社にブランディングとデザイン経営を取り入れてもらい、希望とワクワクに満ち溢れた会社を育てていく事を使命に日々奮闘中。これまでの経験と実体験を基に、上からではなく、横から目線での本質的なコンサルティングを行なっています。/裏テーマは「デザイン業界を変える」

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 価格の差はブランド力の差

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。