二兎を追うものは一頭も得ず | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

二兎を追うものは一頭も得ず

ブランディング

POSTED | 2022.06.30

WRITER | ヤマダ ヒロノブ

二兎を追うものは一頭も得ず
こんにちは!

先日、運良く0円扇風機を手に入れ、ウキウキしていたところ
30分で電源が切れてしまう商品で「世の中そんなうまい話はない。」と実感しているヤマダです。


さて、本日は「なぜペルソナを決める必要があるのか?」についてお話しします。


僕たちが制作しているホームページはもちろんですが、ブランディングの過程でも
対象のサービスや商品に対して「ペルソナ」を決めていきます。
(ペルソナとは、対象となる製品やサービスを使用する典型的な人物像を指しています。)


まあ、この過程を一言で言ってしまうと「買ってもらう人物像を事前に決めておく」と言い換えることもできますね。


事前に決めたペルソナに対して好印象を持ってもらえるように
ロゴデザインやホームページ制作を行い、一貫性を持った
商品展開や情報発信をしていきましょう!と実際にお伝えしていたりしています。



と、ここまで聞くと

「え?なんでペルソナを決める必要があるの?みんなに買ってもらいたいから、ターゲットはみんなでしょ!」


そんなツッコミが聞こえてきそうです。
いや、むしろ聞こえています。



では仮に、ターゲティング・ペルソナを決めずに「オールターゲット」としましょう。
「オールターゲット」とした場合、大きな問題が2つあると思いますのでご説明します。


スタッフ・関係者間で共通認識が持てない

商品設計の段階や広告など世に情報を発信する場合、共通の認識がないことで、
繰り出す施策が散発的になってしまいます。


散発的な施策が増えてしまうと、一貫性を保つことができず
「あれ?この会社さんは結局なにがしたいの?」とユーザーは迷ってしまいます。




伝えたいことがぼやけてメッセージが刺さらない

人は購入する際に「この商品を買った時自分がどうなるか?」無意識に考えています。

言い換えると、お金を出して買ったことで得られるメリット(ベネフィット)を見つけようとしているのです。

当たり前のことですが、人それぞれ価値観や日頃の生活で不満・不安・不便に
思っていることって当然違いますよね?

人それぞれ感じることが違うということは、メリットと感じることも人それぞれということです。

伝えたいメッセージが多すぎてぼやけてしまうと、
結果誰にも刺さらないメッセージとなってしまい、「で、結局高いの?安いの?」この一点だけで
ユーザーに判断されてしまい購入されない、ファンにならない。

といった現象になってしまうと思うのです。


お金という大切な資源と時間を浪費した挙句「二兎を追うものは一頭も得ず」
なんて状態ににならないように、しっかりとニーズを見極めた
ターゲティング・ペルソナの設定をしていきましょうね!


それでは!

WRITED BY

Yamada Hironobu

ブランドマネージャー2級
ファイナンシャルプランナー2級

地元長野で農業法人の立ち上げを経てポケットの一員となりました。前職では最先端の栽培方法とWebを活用した販売を経験。

主に販売部門と営業を任されており、近隣農家さんの代行販売なども行っておりました。

また、100名程度のパート・従業員のマネジメントや生産性向上にも注力してきました。

見せ方が分からない、伝え方が分からない、そんな人をデザインとブランディングでサポートするために転職を決意。

変化を願う方々と同じ目線でサポートさせていただきます。


 

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 二兎を追うものは一頭も得ず

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more
  • Umehara Taichi

    デザイナー

    Umehara Taichi

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。