課題解決パートナーの選び方 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

課題解決パートナーの選び方

仕事のこと

POSTED | 2022.06.07

WRITER | ハギワラ マサタカ

課題解決パートナーの選び方
ブランドディレクターのハギワラです。
今日は「課題解決パートナーの選び方」というテーマについてお話ししたいと思います。

本題に入る前にお知らせです!

\無料!ブランディング体験会/
お知らせの一つ目は、ただいまポケットでは「無料!ブランディング体験会」をzoomにて開催しております。
ブランド・ブランディングについて学んでいただくとともに、
ワークショップの一部を体験していただけます。

「ブランディングってそもそも何??」というところから丁寧にご説明させていただきますので、
初心者の方におすすめの体験会となっております。
「ブランディングってこうやって取り組んでいくのか〜」という感覚がたった2時間前後で掴んでいただけるかと思います。

参加希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

■参加費用:無料
■時間:2時間程度
■開催日:個別での日程調整

CONTACT


\音声配信始めました/

お知らせの二つ目は、ポケットでは「stand.fm」を始めました。
こちらのアプリはラジオ感覚で音声を聞けるアプリになっています。
(URLから無料で視聴できます。)
ブランディング、デザイン、仕事での気づきについてゆる〜くお届けしておりますので、
毎日の通勤時(耳だけ空いている時)にゆる〜く聞いていただければ思います。



それでは本題に入ります。


経営の悩み事のほとんどが「集客」、「採用」、「教育」に関わる部分かと思います。

これら一つ一つの課題を解決していくにはやっぱり自社だけでは難しい…。
そう考えて、協業先を探そうと思われる方も少なくないと思います。

ただ…
世の中には集客、採用、教育に関わる仕事をしている会社は多く存在します。
本当に多すぎて、どこに依頼するのがベストなのかと悩んでしまいますよね。

僕も以前の会社では依頼する側の立場だったため、悩みに悩んだ経験があります。
(なかなか勇気がいる決断ですよね。)

なので今日は、課題解決パートナーの選び方について、僕なりの判断基準を簡単にご紹介したいと思います。

あくまで個人的な意見になりますのであらかじめご容赦ください…。


理念が合うか

今でもお仕事の依頼をすることが多いのですが、
やっぱり結果が出る仕事の隣には必ず「理念が一致しているパートナー」がいます。
そのためパートナーの方と理念が合うか否かは非常に重要だと考えています。

かと言って理念が共通しているかなんてなかなか判断が付きづらいですよね。
(無理して合わせてくれている可能性があるので)

そんな時はお互いに「共通言語」があるか否かで判断するのも良いかもしれません。

共通言語がある人は、意思疎通が取りやすく、
瞬時に意図を汲み取っていただけるので、とても有り難い存在です。

理念…

少し抽象的にも聞こえるかもしれませんし、スキルや価格なども判断材料にはなるかと思いますが、
パートナーの方と対等な関係を築くためには必ず確認が必要で、
そこを怠ると追々リスペクトや信頼関係も損なわれていくので、僕はこれが何よりも大切だと思います。


楽しそうに仕事をしているか

楽しそうか否かは意外と侮れません…!!!

単純に楽しそうにしている人と仕事をしていると、こちらも楽しくなってきますし◎

それに、楽しく仕事をしている人が多い会社ほど、会社の成長スピードも早いです。
反対に、全員が疲れ切って毎日しんどそうな人が多い会社さんほど成長も遅れているはず…。

周囲の成長速度は自分たちの成長速度にも大きく関わってくるので、やっぱり無視できないポイントです。

パートナー会社さんから必要最低限のアウトプットしかない…。という場合は、
もしかしたらこれに当てはまっているかもしれません。

その状態では良いモノなんて到底創れそうもありませんよね。

ちなみに…楽しく仕事をしている人ほどレスポンスが早い!
(ハギワラ調べ。)


戦略構築から相談に乗ってもらえるか

上記二つはやや情緒的な部分になるので、あえてスキル的なところを挙げるならば、
戦略的なところからご提案いただけるパートナーさんはとても貴重です。

小手先のテクニックでは本質的な改善は見込めません。
いずれ何をやってもうまくハマらないという時期がやってきますし、それだけコストもかかります。
(底無し沼状態…)

いつも書かせていただいておりますが、川でいうならば、
下流ではなく上流から見つめ直していただけるような、
中長期的な視点でアドバイスをいただける会社さんをパートナーとして迎えることをお勧めしたいです。

少しだけ心にズキッ!とくるようなご提案も出てくるかもしれませんが、
きっとそれはその場凌ぎのご提案ではなく、先を見据えたご提案のはずです。


まとめ

簡単ではございますが、課題解決パートナーの選び方について書かせていただきました。

良いモノを創るためには、「信頼関係」と「楽しさ」がなければやっぱり難しいと僕は思います。

価格の安さなどももちろん重要です。
ただ、それ以前に話が噛み合わなかったり、楽しく仕事ができていなければ本末転倒です。

まずは検討しているパートナーさんとじっくりお互いの「理想」について語り合ってみると良いかもしれません!


それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 課題解決パートナーの選び方

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。