世間をザワつかせているクッキーレス | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

世間をザワつかせているクッキーレス

ホームページのこと

POSTED | 2022.03.09

WRITER | ナカムラ ヒロキ

世間をザワつかせているクッキーレス
こんにちは、なかむらです!
ご無沙汰しております!

今日は今WEBの世界で騒がれている
「クッキーレス」についてお話ししたいと思います。

横文字のオンパレードで少し難しい話になってしまいますが、
なるべくわかりやすくお伝えしたいと思います。

なんとなくこういう流れなんだなと雰囲気が伝われば幸いです。

ホームページを観覧する時には「WEBブラウザ」を利用していますよね。
edgeやChrome、Safariなどが身近です。

WEBブラウザは、サーバーと呼ばれる格納庫から「HTML」や「CSS」などの情報を
ダウンロード(レンダリング)して表示しています。
その際に誰がデータをダウンロードしているかは分からない仕組みになっています。

しかしそれだと困ってしまう場合があります。
代表的なのはECサイトです。

誰が情報をダウンロードして表示しているか分からない状態では、本人確認ができません。
その場合、サーバーが目標(印みたいなもの)となるようなデータを発行しています。
それをクッキーと呼びます。
(クッキーは発行したドメインのサーバーしか中身を見ることはできません)

クッキーには種類があります。

訪問したサイトのドメインのサーバーで発行されるクッキーを1st(ファースト)パーティクッキーと呼びます。
別のサーバーで発行されるクッキーを3rd(サード)パーティクッキーと呼びます。

ファーストパーティークッキーは、自社で管理している
ページの訪問者についての情報を管理する際に使用しています。
一方サードパーティークッキーは、ドメインを超えてユーザーを追跡(トラッキング)できます。

サードパーティークッキーはドメインを超えてユーザーを追跡(トラッキング)できるので、
ターゲティング広告を提供している広告ネットワーク会社等によって発行されて使われています。

サードパーティークッキーは、ユーザーがネット上で
どんな行動をしているのかを追跡することができるのです。

なぜそのようなことをするかと言えば、
ユーザーの行動と関連性の高い広告を効率的に出すためです。

・・・

ちょいと難しいですよね。

分かりやすくお店に例えてみます。

Aくんはが車を販売している「山本屋」というお店を運営しています。
自分のお店に来てくれている顧客はもちろん把握しています。
この状態がファーストパーティクッキーです。

一方、より効果的な広告を出そうと思い、
広告代理店Zに依頼することにしました。

その広告代理店Zは、サードパーティークッキーを用いて膨大な情報を保持しています。
その情報とは街の人、一人一人に印を付け、追跡して車のディーラーや中古車屋さん、
車の雑誌を見ているなど車に興味関心を持っている人のリストです。

車に興味関心がない人に広告を出すよりも、
少なからず興味関心を持ち合わせている人に広告を出す方が効果的だから重宝されてきました。

サードパーティクッキーはこれまで本人の許可なしに行われてきました。
しかし今、個人情報保護の観点からサードパーティークッキーはNGだよねという動きになっています。

これが「クッキーレス」です。

Appleが開発するブラウザのSafariは、
2018年からITP(Intelligent Tracking Prevention)という仕組みが搭載され、
段階的にサードパーティークッキーや計測に関わる規制が強化されてきました。

Googleのクロームも、2023年にはITPのような
サードパーティークッキーを禁止する機能が搭載されるということです。
これによって世界全体でクッキーレスの流れが決定的になっていきます。

クッキーレスによって、これまで興味関心のある人にアプローチできていた、
広告の精度がガタ落ちすると、世間がザワついているのです。

今日は世間をザワつかせている
「クッキーレス」についてお話しさせていただきました。

それではまたいつか!

WRITED BY

Nakamura Hiroki

ブランドマネージャー1級
インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー
WEBマーケティング検定
ネットショップ販売士
WEBデザイン技能士
ドッグホリスティックケアカウンセラー
中小企業のための伴走型コンサルタント/23歳の時に独立、多くの失敗と少しの成功を積み重ね、3度の独立を経て営業マンゼロWEB集客のみでスタッフ数25名のデザイン会社へと成長。3つの会社の代表を務める傍ら、ブランディング、デザイン、プログラミング、写真撮影、動画制作などマルチに活動中。「ブランディングとデザインで経営は劇的に変わる」を信念に、一社でも多くの会社にブランディングとデザイン経営を取り入れてもらい、希望とワクワクに満ち溢れた会社を育てていく事を使命に日々奮闘中。これまでの経験と実体験を基に、上からではなく、横から目線での本質的なコンサルティングを行なっています。/裏テーマは「デザイン業界を変える」

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 世間をザワつかせているクッキーレス

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。