#02 ブランディングとは何か -初めてのブランディング講座- | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

#02 ブランディングとは何か -初めてのブランディング講座-

ブランディング

POSTED | 2022.04.07

WRITER | ナカムラ ヒロキ

#02 ブランディングとは何か -初めてのブランディング講座-
ブランド・ブランディングについて、
分かりやすく説明する「初めてのブランディング講座」。

#01ではブランドとは知っている状態で、
その状態にはプラス・ゼロ・マイナスの3段階がありますというお話をさせていただきました。

本日#02ではブランディングとは何かについてお話をしたいと思います。

ブランディングは見栄えをよくすることではない

みなさんは「ブランディング」という言葉に対してどんな印象をお持ちですか?

「ロゴをかっこよくすること」
「デザインに統一感をもたせること」

多くの方がこんな印象をお持ちになっているかと思います。

デザイン要素は確かにブランディングにおいて重要です。
見た目が9割と言われているほど、まず興味関心を持ってもらうためには見た目が大事ではあります。

でも、見た目だけではダメなんです。

ブランディングとデザインについては、恋愛と結婚に例えてお話をします。

恋愛中の時、お目当ての人に「よく見られたい」と思い背伸びをすることがあると思います。

高いスーツをビシッと着て、お金もたくさんあるよーという雰囲気を演出したり。

すると、お目当ての人とお付き合いできる場合があります。

しかしいざお付き合いをすると、素の自分では無い自分を演出しなければいけないため疲れてしまいます。
もしくはボロがでてしまい、愛想疲れてしまうという事が起こってしまいます。

ブランディングも同じで、デザインだけを良くしてもボロが出てしまい、
顧客に愛想をつかされてしまうという事が起こってしまいます。

デザインは確かに重要ですが、見た目の良いデザインで着飾ることは逆にリスクになるのです。


ブランディングとは何か?

ブランディングの定義は様々で、言い回しも様々なのですが、
もっともイメージしやすい言葉でいうと「ファンづくり」です。

そしてファンを作っていくためには、
マーケティングが欠かせません。

マーケティングとは売れる仕組みづくりで、
ブランディングとは売れ続ける仕組みづくりです。

この2つの関係性は、上記の恋愛と結婚で表すと、
マーケティングは恋愛でブランディングは結婚のようなものです。

恋愛(マーケティング)の過程を経て、結婚(ブランディング)へとつながっていくのです。
(恋愛なしで結婚するパターンもありますが、その辺りは一旦おいておいてください)

恋愛を経て結婚へいたると、好きな気持ちが膨れ上がり、強固な絆が生まれていきます。

ブランディングとは売れる仕組みづくり(マーケティング)の上に成り立っているのです。
なんとなく・・・ではなく、戦略を持ってブランディングに取り組む必要があるのです。


売れ続けるためには、ずっと好きな状態(ファン)でいてもらえる必要があり、
そのためには単に見栄えをよくして選ばれるのではなく、
「自分たちらしさ」を好きになってもらう必要があるのです。

WRITED BY

Nakamura Hiroki

ブランドマネージャー1級
インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー
WEBマーケティング検定
ネットショップ販売士
WEBデザイン技能士
ドッグホリスティックケアカウンセラー
中小企業のための伴走型コンサルタント/23歳の時に独立、多くの失敗と少しの成功を積み重ね、3度の独立を経て営業マンゼロWEB集客のみでスタッフ数25名のデザイン会社へと成長。3つの会社の代表を務める傍ら、ブランディング、デザイン、プログラミング、写真撮影、動画制作などマルチに活動中。「ブランディングとデザインで経営は劇的に変わる」を信念に、一社でも多くの会社にブランディングとデザイン経営を取り入れてもらい、希望とワクワクに満ち溢れた会社を育てていく事を使命に日々奮闘中。これまでの経験と実体験を基に、上からではなく、横から目線での本質的なコンサルティングを行なっています。/裏テーマは「デザイン業界を変える」

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > #02 ブランディングとは何か -初めてのブランディング講座-

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。