ブランディングが失敗する、一番の要因とは? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ブランディングが失敗する、一番の要因とは?

ブランディング

POSTED | 2022.08.01

WRITER | ハギワラ マサタカ

ブランディングが失敗する、一番の要因とは?
ブランドディレクターの萩原です。

今日は、「全てのブランディングプロジェクトに共通する一番の敵」というテーマについてお話ししたいと思います。

僕たちはこれまで数多くのブランドづくりに携わってきました。

既にあるブランドに対して、ビジュアルアイデンティティ(VI)から再構築するプロジェクト。
根幹となる企業の在り方を見つめ直し、ブランドビジョンを構築することから始めるプロジェクト。

その他、ブランディングというサービスの中でもクライアント様の課題によって、
サポートさせていただくカタチは様々です。

ただ、どんなプロジェクトでも共通して「これがめちゃくちゃ大事!」と言える、重要な要素があります。

それは、「意見をぶつけ合えるチームづくり」です。

日々ブランディングと向き合う中で、
ここが間違いなく本質だと思ったので、書いていきたいと思います。


本質が変わらなければ、変わらない

ビジョンが変わった、ロゴが変わった、サイトデザインが変わった…

正直なところ、これらを変えたからといって、ブランドが変わり、
何もかも良い方向へコトが進むかとかというと、そうではありません。

本質的なところが何も変わっていなければ、
リブランディングした意味が全くもってないわけです。

本質ってなんや?という話なんですが、
これはあくまで僕の個人的な考えにはなりますが、
ブランドを創っている「人」や「チーム」です。

強いブランドを創るのは、機械でもなんでもありません。

「人」です。
「チーム」です。


最大の敵は?

本題はここからになります!

ブランディングプロジェクトを進めていくにあたって、
一番の敵となるのが、「遠慮」です。

遠慮があると、間違いなく「妥協」が生まれます。

そして「妥協」が生まれてしまえば…
そのブランドに対して100%自分ゴトになることはできません。

つまり、ブランド構築段階で既に、
ブランドの世界観を十分に体現することは不可能になっているということです。


ブランディングは、マーケティングと違って長期戦です。
人の心の中にイメージを浸透させ、共感を得ていくのは容易なことではありません。

この長期戦を戦い抜くためには…
長く愛され続けるブランドを創るためには…

メンバー間の「遠慮」は排除するべき。 (社内メンバーはもちろん、取引先も含む。)


立場への意識が遠慮を生む。

良くも悪くも、日本人の特性として、
衝突を恐れることがあるという話をよく耳にしますが、
よくよく考えると衝突することにビビっていたらチームを形成している意味がないですよね。

各々の力を最大限発揮できないわけですから。
(くれぐれも喧嘩してねと言っているわけありません…!)

また、遠慮が生まれてしまう要因として考えられるのが、
それぞれがおかれている「立場」。

「立場」への強い意識が個人の主張を阻害していたりもします。

発言者がマズローの欲求五段階説でいうところの、
「安全の欲求」や「社会的欲求」を満たすことに意識が偏ってしまうと、
アウトプットが当たり障りない内容になります。
(とりあえず同調している状態。)

同調圧力を無くし、発言者の中で既に上記の欲求が満たされている状態を作ることが、
まず初めに取り掛かるべきことだと思います。


まとまらない時は…

遠慮を排除すると、もちろん様々な意見が飛び交います。

いつまで経っても意見がまとまらないのではないか?
という疑問も生まれますよね。

そんな時は、「顧客視点と価値観の軸を持った人×リーダー」が、
周りが納得できるほどの説明を行うしかありません。
(そもそもリーダーがどれも見失っていたら、元も子もないですが…)

それでも「納得」や「理解」ができない人がいた場合、
その人はプロジェクトメンバーから外れていただいた方が良いのかもしれません。

まとまらない場合、結局のところ、最終的にはトップダウンという結論に至ってしまいますが、
それまでに踏むべき過程を踏んでいるか否かによって結果は大きく異なってくると思います。

既に共通認識が芽生えているはずなので。


個人の解ではなく、チームとしての解を。

上っ面のコミュニケーションは何も生み出さない。
一人の力には限界がある。

だから、それぞれの価値観を尊重しながら、
意見をぶつけ合い、チームとしての解を出していく。

本当の意味で、ブランディングからの成果を得ていくためには、ここは避けては通れないと思っています。

僕らも引き続き、「本質」を大切にブランディングと向き合いつつ、
お客様のチームとも向き合っていきたいと思います。


それではまた!


※お知らせ

\音声はこちらから!/

「stand.fm」でポケットチャンネルを運用中です。
(URLから無料で視聴できます。)
ブランディング、デザイン、仕事での気づきについてゆる〜くお届けしておりますので、
毎日の通勤時(耳だけ空いている時)にゆる〜く聞いていただければ幸いです。

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ブランディングが失敗する、一番の要因とは?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more
  • Umehara Taichi

    デザイナー

    Umehara Taichi

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。