広告の変化 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

広告の変化

仕事のこと

POSTED | 2019.08.23

WRITER | ナカムラ ヒロキ

広告の変化
いきなり余談ですが、会社を経営していると
いわゆる営業の電話やメールが頻繁に飛んできます。

で、今までものごい数の営業を受けましたが
まともに対応した事は一度もありません。
(そもそも鉄壁の壁、総務のところで全部はじかれますが・・・)

まともに対応しないその理由は
「別に欲しくないし、必要でない」 という当たり前の理由もあるのですが

一番は
「まだその営業スタイルやってるんですか?」 という疑問からくる、もはや呆れ。

私たちが欲しくて必要としているものは「時間」 だから、少なくとも電話対応しているスタッフの時間を返せ!と言いたい!

・・・すみません、愚痴になってしまいました。

今回は広告のはなし。

広告というと、一昔前は

「これが安い」
「ここがポイント・強みは●●」

みたいな、アピール合戦でした。
そして、広告が上手な会社が業績を上げていました。

しかし、今はどうでしょう?

「同じような高性能の商品」
「ある一定以上のサービス水準」

そうなんです、世の中には良い商品やサービスがたくさんあるのです。

昔と同じようなアピール合戦していても
モノが溢れているこの時代で、選んでもらうのは至難の業です。

もう必要なものって十分に満たされてますよね。

そんな中でモノやサービスを売り込むって本当に至難の技。


じゃあ広告ってもう意味ないの?
となってしまうわけですが、そんな事は決してありません。
露出をして知ってもらうためには広告は必要不可欠なツールです。

ポイントはどんな事を伝えていくのかなのですが、

「売り込むための広告」 ではなく
「人をひきつける広告」
でないといけないと思います。
(もちろん惹きつけるだけ惹きつけて中身がスカスカでは意味ありませんが・・・)

それを得意としている会社が
業績を上げていく時代なんだと思います。

広告に効果がないから、効果的な広告を作って欲しいという
ご相談を受けることが多いのですが、見栄えを良くして
効果が上がったとしても、それは所詮その場しのぎ。

表面上だけ試行錯誤して、広告の内容を変えて露出しても
その場しのぎの売上にしか繋がらないのです。
広告の掲載が何回か続くと、すぐに飽きられてしまうのですから。

だからブランディングが重要!
広告で何を伝えたいかを明確にし露出し、広告を見た人の行動をデザインし
結果、永続的なファンを作り出すことで安定した経営を目指すのです。

時間はかかりますけどね、今やらないとね。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 広告の変化

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。