PocketのMTGとは? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

PocketのMTGとは?

経営について

POSTED | 2022.02.08

WRITER | ヤマダ ヒロノブ

PocketのMTGとは?
こんばんは!東京に来て1週間が経過しましたが、すでに東京という土地に慣れ始めたヤマダです!

人混みに嫌気がさしたりするのかな〜と思いましたが、以外にもそんなことはなく
すんなりと馴染めているような気がします。
(通勤時間だけは本当にどうにかしたいですが、、、)


さて!本日は月曜日!
皆様はどのような月曜でしたか?
活気にあふれた日になりましたか?
それとも少し憂鬱な日だったでしょうか?
僕の月曜日はどうだったかというと、本当に衝撃的な日になりました。。

なぜ衝撃的だったのか?
それは弊社ポケットのMTGが僕が今まで経験してきたそれとは全く違っていたからです。

まずポケットのMTGには司会がいません。
当然、業務報告や相談は行うのですが、それはあくまで一部で
大部分は「何となく違和感を感じる」この部分に対してみんなが考えを持ち合うんです。

今日で言えば何となく発言された
「自分達はお客様からどう思われているのか?」

という議題に対して
「そもそもどー思われたいんだっけ?」
「個人としてどーなっていきたいんだっけ?」
「一人一人のキャッチコピーってなんだっけ?」
「ってことは会社としてもこうゆうことしていきたいよね」

と参加する3人でディスカッションをしながら
アドバイスや方向性を擦り合わせていきます。

僕にとってはこれはかなりの驚きでした!
なんとなく聞いてるだけ、話しているだけの一方通行なMTGって多くないですか?

僕は会社員時代も含めてそんなMTGが本当に多かったです。

なぜポケットはその形なのか?
恐らく会社は個人の集合体であって、個人の成長無くして会社は成り立っていかないと考えているからです。
むしろ働いている「人」を蔑ろにしたら会社に明日はないでしょう。

そして、その「人」の話しに耳を貸し、理解しようとする姿勢を
常に持ち続けているからこそ、僕はこのポケットにジョイントしたんだと思います。


結局のところ、「誰が言うか?」ではなく「何を言うか?」を大事にしているから
活気的なMTGができ、明日のモチベーションにもなったりするのかもしれません。


すっごく難しいですけど、「誰が言うか?」ではなく「何を言うか?」を
意識して誰かの話しを聞いてみてください。

まずは笑顔と相槌から始めましょう!!


それでは!

WRITED BY

Yamada Hironobu

ブランドマネージャー2級
ファイナンシャルプランナー2級

地元長野で農業法人の立ち上げを経てポケットの一員となりました。前職では最先端の栽培方法とWebを活用した販売を経験。

主に販売部門と営業を任されており、近隣農家さんの代行販売なども行っておりました。

また、100名程度のパート・従業員のマネジメントや生産性向上にも注力してきました。

見せ方が分からない、伝え方が分からない、そんな人をデザインとブランディングでサポートするために転職を決意。

変化を願う方々と同じ目線でサポートさせていただきます。


 

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > PocketのMTGとは?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。