言葉不足がデザイン不足になる恐れが… | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

言葉不足がデザイン不足になる恐れが…

ホームページのこと

POSTED | 2022.07.13

WRITER | ウメハラ タイチ

言葉不足がデザイン不足になる恐れが…
どうも!おはようございます。
デザイナーのウメです。

昨日の夜なのですが、
滝のような雨が降りましたね。

僕はちょうど帰宅中だったのでモロ当たりしてしまいました。すさまじい勢いでした…

各地で洪水警報が出たりしていたので心配です。

また、この時期の天候は変化しやすいため、
体調管理を含め気をつけていきたいですね。
特に、豪雨には…


・・・


それでは今日も本題に入りたいと思います。

「言葉不足がデザイン不足になる恐れが…」ということで、
これが何を意味しているのか綴(つづ)りたいと思います。



言葉不足とは

こちらの意味していることは、
「デザインを制作する前段階で言葉(文章)が足りてない」ということです。

例えば、
「なんかかっこよくしたい。」
「可愛くしたい。」
「とりあえず形だけでもよいからデザインが欲しい。」

などのご要望は言葉不足にあたります。

こういった内容だけになってしまうと
制作物が、表面的に見られる恐れがあります。

つまり、本質を伝えられないのです。

本質を伝えられないと何が起きるかというと、
自分たちのやっているお仕事、サービスの価値が伝わらないのです。

もしくは、間違った方向で捉えられてしまう可能性があります。

すると制作したデザインが短期的(1ヶ月〜2ヶ月)にしか効果を発揮しなくなるのです。
※期間限定サイトや年ごとに変わるデザイン(年賀状のようなもの)を除く

そのため、長期的な成長を見据えた場合は
あまり芳しくないのです…

せっかく作るのなら長く成果を出したいですよね。

では、なぜ言葉が足りなくなるのでしょうか…



言葉不足になる要因は?

要因は意外と単純かもしれないです。

それは自社サービスや商品を心の底から理解していないからだと思うのです。

心の底から理解していれば、お客様も制作へ一生懸命になります。
そうすると「こんなところまで話すの?」というぐらいたくさんのご要望をいただけます。

その中で、いろいろな言葉を精査し、
消費者(お客様の先にいるお客様)へ届くデザインを制作できるのです。

ちなみにここまではデザインフェースの話です。

ブランディングを兼ねて行う場合は、
ただ要望を伝えるだけでは足りなくなります…

デザインの前段階からやるべきワークショップがたくさんあるためです。

ブランドディレクターという職があるだけあって、
ブランディングのプロが一緒になって熟考する必要があるのです。

ただ、ここでその内容をお伝えすると
話が逸れてしまうので、また別の機会にお話できればなと思います;;;

話を戻しますが、
ここでもっとも伝えたいことは、
言葉不足がデザイン不足につながるということです。

このようなことが起きないよう未然に言葉(文章)を準備しておいて、
想いをのせると良いと思います。

・・・

と、言葉(文章)とデザインの因果関係について綴(つづ)るウメのジャーナルでした。
それではまた◎

・・・

<あとがき>

\ポケットメンバーで音声配信をしています/

「stand.fm」でポケットチャンネルを運用中です。
こちらのアプリはラジオ感覚で音声を聞けるアプリになっています。
(URLから無料で視聴できます。)
ブランディング、デザイン、仕事での気づきについてゆる〜くお届けしておりますので、
毎日の通勤時(耳だけ空いている時)にゆる〜く聞いていただければ思います。

WRITED BY

Umehara Taichi

日ごろの生活で感じたこと
(WEB・グラフィック・写真・ブランディング・マーケティング、について等身大(ありのまま)に伝えます。

お客様により良いデザインとシアワセを届けるため、日々模索しています!
どうぞよろしくお願いいたします。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 言葉不足がデザイン不足になる恐れが…

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more
  • Umehara Taichi

    デザイナー

    Umehara Taichi

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。