仕事をするにあたり、 プライドは必要なのか | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

仕事をするにあたり、 プライドは必要なのか

仕事のこと

POSTED | 2022.07.11

WRITER | ウメハラ タイチ

仕事をするにあたり、 プライドは必要なのか
どうも!こんにちは。
パートナー会社アプリコットデザインでデザイナーをしています。ウメです。

スタッフ紹介にはまだ載っていないですが、
こちらでジャーナルあげる機会をいただいているので書いています。

よろしくお願いします!

・・・

突然ですがみなさん、週末はどのように過ごされましたでしょうか?
東京はいつもと比べ風が吹いていて少し涼しかったです。

今週もこの気温が続いていくと良いですね!

・・・

さて、それでは今日も本題に入りたいと思います。
今回の内容は「プライド」に着目していきます。

これは仕事に直結していく重要なキーワードです。

実は、先週の金曜日に行ったオフサイドミーティングで
「プライド」について話し合っていました。

まず、「プライドの正体ってなんですか?」から始まったので、
そこから簡単にお伝えしたいと思います。



プライドの正体

「プライドって何ですか?」という率直な疑問があり、
そこからいろいろな意見が出ました。

例えば、
・自分の弱みを見せたくない気持ち。
・才能や個性、業績に自信を持ち、他の人より自分の優越性、能力を正当に評価されたいという気持ち。
・その態度を崩すまいとする姿勢

これらが「プライド」の正体ではないかと話していました。



プライドが高いとどうなる。

では、ここからプライドが高いとどうなってしまうのかについて書いていきます。

まず、プライドが高い人の特徴は周囲の意見を聞かない傾向にあるかと思います。

もしくは、本人は聞き入れているつもりでも、
他の人から見たら「聞いていないじゃん」みたいなケースもあるかと思います。

実際、僕もそう思われていた時がありました…
(今思えば反省です…)

周囲の意見には貴重なアドバイスが隠れていたりするので、
それを聞き入れることは大変重要なことです。

こうしたことが起きないよう、
素直になりしっかり耳を通すことが大切です。



自分の思っている以上に、
プライド高いと思われている?

そして、ここからは注意しておきたいことなのですが、
「自分はプライド持っていない」と思っていても
周りからしたらプライド高いと認知されている可能性がある
のです。

客観的なアドバイスをもらわないと知れない部分であるため、
一見仕方がないように見えますが、

注意深く自分を観察することを日頃から行えば、
プライドは無くなっていくので、意識が必要だと思います。
(ウメもそうのようにして無くすことを心がけました…)



プライドが”ある”と”ない”とで大きな差が生まれる。

プライドがなくなるとは、言い換えれば素直になると言うことです。
それは、周囲の意見を聞き入れることに繋がります。

今ままでの自分では到底できなかった新しい発見をしたり、
成長できたりします。

そのことは、仕事を進める上でも大きく関わっていき、
より良い価値を生み出すきっかけにもなります。

こう言ったことから、変に自分の評価を高く見せるのはやめた方が良く、
常に等身大でいることが大切です。

・・・

ここで「仕事をするにあたり、 プライドは必要なのか」の結論を述べたいのですが、
必要ないと思います。

もし、自分を見返した時や周囲の方からプライド高いと思われたなら、
直ちに失くすことを勧めます。

以上、「プライド」について綴(つづ)るウメのジャーナルでした。
それではまた◎

・・・

<あとがき>

\ポケットメンバーで音声配信をしています/

「stand.fm」でポケットチャンネルを運用中です。
こちらのアプリはラジオ感覚で音声を聞けるアプリになっています。
(URLから無料で視聴できます。)
ブランディング、デザイン、仕事での気づきについてゆる〜くお届けしておりますので、
毎日の通勤時(耳だけ空いている時)にゆる〜く聞いていただければ思います。

本日の音声テーマは「独自の強みや魅力はどこに眠っているのか?」です。

WRITED BY

Umehara Taichi

日ごろの生活で感じたこと
(WEB・グラフィック・写真・ブランディング・マーケティング、について等身大(ありのまま)に伝えます。

お客様により良いデザインとシアワセを届けるため、日々模索しています!
どうぞよろしくお願いいたします。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 仕事をするにあたり、 プライドは必要なのか

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more
  • Umehara Taichi

    デザイナー

    Umehara Taichi

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。