ブランディングは争いをなくし、皆がハッピーに。 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ブランディングは争いをなくし、皆がハッピーに。

ブランディング

POSTED | 2022.06.21

WRITER | ハギワラ マサタカ

ブランディングは争いをなくし、皆がハッピーに。
ブランドディレクターのハギワラです。

今日は「ブランディングは争いをなくす」というテーマについてお話ししたいと思います。

いきなりですが、まず差別化について少し考えたいと思います。

よくお問い合わせいただいた際に「差別化したい」というご相談をいただきます。

競合との顧客の奪い合いが原因で生じる価格競争。
価格競争に陥ると非常に苦しい…。
ここから脱却するためにはやっぱり差別化が必要です。

しかしながら、意味のない差別化をしてしまうことも往々にしてあると思います。

意味のないというのは、差別化するポイントを履き違えてしまっているということです。

ただ単に差別化するだけなら、いくらでもできてしまうかもしれませんが、
少し間違えると、いずれ真似される可能性が高い差別化をしてしまったり、
十分なサービス提供ができず、不満を抱かれてしまったり…。

経営を安定させていくためには、売れ「続ける」仕組みづくりをすることが重要なので、
売れ続ける仕組みを築くには、それではやっぱり物足りません。

つまり!差別化するにしても、そこには間違いなく「らしさ」も必要です。
自分たちらしさを度外視して差別化を行うと、いずれ集客が苦しくなる時がやってきます。

だって、真似されやすいですし、無理をしているわけですから…。

サービスを提供すればするほど、顧客を失ってしまう。という状況になりかねません。
(リピートされない)

らしさとは何なのかについては以前中村さんがわかりやすく記事にされていましたので、
そちらをご覧いただくとして割愛させていただきます。
(この記事の最後にリンクを貼り付けておきます!)

・・・

本題はここからなのですが、
らしさ(個性)はこれまでの経験に基づいて形成されていきます。

つまり、これまで人や企業が全く同じ経験を踏んで来ていない限り、全く同じ「らしさ」はこの世にはないということ。
「自分たちらしさの価値」を正しく訴求していけば、
必然的にその価値を魅力に感じるお客さんが現れます。

そのお客さんは自分たちの事業やサービスにとってのかけがえないのお客さんとなってくれます。

なぜなら、背伸びをするわけでもなく、取り繕っているわけでもなく、
自分たちのありのままの状態を好きになってくれたお客さんだから。


そのお客さんからしてみれば、もはやあなたのサービスはonly one。
つまるところ、比較対象がないのです。

そして…忘れてはならないのが、全員が全員そのらしさを好むわけではいということ。
人によって価値と感じるらしさ(個性)もさまざま。
であれば、競合ともターゲット層は異なってくるはずです。よね?

一人のお客さん(一つのニーズ)を各企業で奪い合うのではなく、
自分たちの提供するサービスに合う人は自社をお選びいただき、
合わないのであれば他社さんを選んでもらう。

同じ業種の会社同士でも、狙っているターゲットが違えば、それは競合ではなくなります。 (顧客属性で独自性を築く)

マーケティングやブランディングの目的はそこかもしれません。

だから…中途半端にではなく本格的にブランディングに取り組む会社が増えれば増えるほど、
世の中から1人顧客の奪い合いがなくなっていく。

そんな世界めちゃくちゃ幸せじゃないですか!!!

戦略を赤裸々に明かしたところで、真似されない、真似できない戦略こそ真のブランディング戦略。

ブランドディレクターとして常にそんな戦略づくりを意識して、
一つ一つのプロジェクトに携わっていきたいと思っています。

争うのではなく、シェアしていこう。

それではまた!!


※中村さんの以前のブログ
▼らしさを見つける -初めてのブランディング講座-

▼らしさを表現する -初めてのブランディング講座-

▼らしさを育む -初めてのブランディング講座-

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ブランディングは争いをなくし、皆がハッピーに。

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。