「あれをやらないと〜」と思いながら、なかなかできない… | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

「あれをやらないと〜」と思いながら、なかなかできない…

仕事のこと

POSTED | 2022.04.18

WRITER | ハギワラ マサタカ

「あれをやらないと〜」と思いながら、なかなかできない…
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

「重要度は高いけど、実施しにくいこと」というテーマについてお話ししたいと思います。

「あれをやらないと〜」と思いながら、
何だかんだやれていないことって結構ありませんか?

基本的にそれは、「重要度は高いのに実施しにくい」行動内容であることがほとんどです。

わかりにくいと思いますので、日常生活に例えると、
健康管理や勉強などが当たるかもしれません。

実施しにくいということは、緊急性が低い内容であって(実は高いはずだが)
つまるところ、「明日に持ち越しても大丈夫」的な行動内容です。
だから余計に後回しにされがちです…。

例えば先ほども例にあげた健康についてですが、
皆健康のために運動はした方がいいと頭の中にはあると思います。
だから週に一度はジョギングをしようと考える。

けれども、何だかんだ一度もやっていなかったり、長続きしなかったりしますよね。

ただ、人も企業も成長していくには、
「重要度は高いのに実施しにくい」ことをどれだけ実施していけるかが鍵です。

企業の集客活動でいうと、僕らがいつも毎日書いている様なブログだったり、
あとは、集客の仕組みづくりや人材育成の仕組みづくりなどもそれにあたると思います。

・・・

経営に携わっている方は常に「重要度は高いのに実施しにくい」ことと向き合っています。

それは、数年後の未来を守るために、遠い先のことをしっかり見据えているから。

もしかしたら、ブランディングを実施することも、
「重要度は高いのに実施しにくい」にあたるのかもしれません。
(ブランディングは未来に向けた投資。)

ただ、ブランディングを「実施しやすい」にするために僕たちがいたりもします。

今の世の中を見渡した時に、
企業やサービスのポジションの奪い合いが日々行われているので、
ブランディングの「重要性」だけが、より増している状態です。


そして、「重要度は高いのに実施しにくい」ことと向き合い続けるにあたって、
モチベーションを頼りにしてしまうのはナンセンスかもしれません。

モチベーションは日々変化してしまい、あてにしない方がいい…^^;

ならば実施せざるおえない環境を作ることが最善策!
(仕組みで解決させる!)


ちなみに…反対に「重要度が高く実施しやすい」行動内容は、
自分たちのケツを叩かなくても実施できる事なので、
目先のことを解決する様な内容である事がほどんどです。

仕事だけでなく、
日常生活においても「重要度は高いのに実施しにくい」ことと
しっかりと向き合っていきたいところです。

それではまた!^^

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 「あれをやらないと〜」と思いながら、なかなかできない…

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。