自分ゴトの仕事。その先へ。 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

自分ゴトの仕事。その先へ。

プロジェクト報告

POSTED | 2022.04.13

WRITER | ハギワラ マサタカ

自分ゴトの仕事。その先へ。
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日はプロジェクト報告回になります。

ちょうど昨日、保育関係の事業を展開されている会社さんのブランディングワークショップが終了しました。

ブランディングプロジェクトを開始してまず取り組むブランディングワークショップ。

今回のプロジェクトに関しては、ブランドビジョンの策定から入らせていただいたので、
6ヶ月の間じっくりとワークショップを進めてきました。

僕たちはこの過程のことをワークショップと呼んでいますが、
もちろんただワークシートに沿って学びを深めていくだけのものではありません。

ワークショップの中で制作されていくものとしては、
●ブランドビジョン(ブランドストーリー・ブランドスローガン)
→中長期的に実現を目指す「お客様視点から見た企業 ( ブランド ) の姿」を言語化したもの。
顧客から見て「共感」できるビジョンであるかがポイント!

●ブランドアイデンティティ(ブランドコンセプト)
→企業がある製品・サービスが「何ものか」を示すため定める「旗印」のこと。

●マーケティングプラン
コンセプトを体現していくための具体的なアクションプラン

などです。
場合によっては、ブランドキャッチコピー、ロゴマーク、キービジュアルも作成していきます。


今回のプロジェクトでも、
これらを僕からのヒアリングやワークを繰り返しながら構築していきました。

やっぱり上記のようなものを誰かが勝手に創るのではなく、
自分たちの考えをすり合わせ、納得した上で創った方が今後のために間違いなく良いです。

参加されている皆さん本当に積極的に意見を述べる方が多く、
回をが進むたびに議論が濃密なものになっていく感覚がありました。

おそらく、今回の取り組みや今後行っていく取り組みに対して、
全員が他人ゴトではなく自分ゴトになっていったからだと思います…!
・・・自分ゴト。

簡単に言ってしまいましたが、
スタッフの方々に会社の取り組みに対して、
自分ゴトとして捉えてもらうって本当に難しいですよね。

他人ゴトであれば、仕事が作業化してしまい、価値を創ることへの意識はありません。
自分ゴトであれば、普段の仕事の中で価値を作ることを常に意識し、プラスで何を生み出そうとしてくれます。

プロジェクトこれからブランドを体現していくフェーズに入ります。

既にロゴマークはある程度完成してきていますが、
まだまだホームページをリニューアルしたり、
チーム全体が束となって情報発信を行なっていかなければなりません。

「ブランドの価値」を伝えていくためにやるべきことはたくさんあります!

それにあたって、自分ゴトなのか他人ゴトなのかの差は、企業にとっても個人にとっても本当に大きい…!

今回の会社さんは間違いなく、
参加メンバーの皆さんは全員が自分ゴトとして捉えていて、
おそらく一緒に参加されていた社長さんはとても心強く感じられていたと思います。

会社の目的に共感し、伴走してくれる仲間がいるって本当に頼もしい限りだと思うのです!

・・・

ちなみに、
このワークショップの中で僕もお客さんから沢山のことを学ばせていただき、
また、それと同時に、メンバーの皆様と対話を繰り返す度に、
僕自身もワクワクさせられることが幾度となくありました。

何度も何度も、胸が熱くなり、ワークショップが楽しくて仕方ありませんでした。

本当に素晴らしいチームです..!!

僕たちのサポートはまだまだ続きます。

引き続き精一杯サポートを続けていきたいと思います。


それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 自分ゴトの仕事。その先へ。

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。