ブランドコンセプト完成前の店舗視察 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ブランドコンセプト完成前の店舗視察

プロジェクト報告

POSTED | 2022.04.06

WRITER | ハギワラ マサタカ

ブランドコンセプト完成前の店舗視察
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「コンプセプトに完成前の店舗視察」
というテーマについてお話ししたいと思います。

昨日ブランディングプロジェクト進行中案件で
ステーキハウスを手がけるお客さんの店舗へ視察に行ってきました。

店舗は少しずつ出来上がってきていますが、まだ改装の途中。
メニュー構成を固めるのもこれから。
そしてロゴや各種販促物(メニュー表、看板など)もまだ制作前です。

今日のタイトルにもある通り、まだコンセプト設計の真っ只中で、
これから独自性と魅力が溢れるコンセプトを詳細に設計していくという段階です。

コンセプトが出来上がれば、
次に待っているのはその決まったコンセプトが
十分に感じられる様に顧客体験を設計していくフェーズ。

ここでどれだけ具体的に顧客をイメージしながら体験を設計できるかで、
デザインに落とし込むべき要素が大きく変わってきます。

看板やメニュー表、ショップカードそれぞれが顧客との貴重なタッチポイントです。
(タッチポイント→ブランドと消費者との接点)

コンセプトが曖昧で体験の設計も具体的でなければ
各タッチポイントのデザインはどこにでもある普通のデザインになってしまいます…。

つまり、店舗で実際に味わえる体験の価値も大きく変わってくる。

さらに、忘れてはいけないのが、
体験を味わえるのは店舗だけではないということ。

オンライン上のホームページやSNSも顧客との貴重なタッチポイントであり、体験を味わる場所です。

今は行くお店を探すときは必ずと言っていいほど、スマホで検索をしますよね。

なのでここにもコンセプトに沿った体験とデザインが施されていなければ、
大きなチャンスロスになりかねません。


・・・


そんなこんなで昨日改めて実感したのが…
ブランディングをしていく上で実際に足を運んで肌で感じるみることは本当に大事!

写真や動画などが簡単に撮れてしまう便利な時代なので、
実際に足を運んで肌で感じるということが少なくなった現代。

カメラには収まりきらない、良さ、発見、気づきはきっとあると思うんです。

まだまだ店舗内は完成前ではありましたが、
僕らからしてみれば完成前に見れることほどありがたいことはありません!

偏りがなく、フラットな状態で独自性のある価値(体験やコンセプト)を創り込むことができる…!

やっぱりお客さんと共に価値を創り上げていくって楽しい^^

ワクワクが止まらないハギワラでした。

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ブランドコンセプト完成前の店舗視察

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。