ブランディング事例〜山森漁業部ブランド〜 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ブランディング事例〜山森漁業部ブランド〜

プロジェクト報告

POSTED | 2022.03.02

WRITER | ハギワラ マサタカ

ブランディング事例〜山森漁業部ブランド〜
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日はプロジェクト報告回になります。

先日ブランディングのサポートをさせていただいている、
山森漁業部さんのホームページ(オンラインショップ)が公開になりました。

本プロジェクトは昨年の夏頃から着手した
ブランディングプロジェクトになります。

ブランドコンセプトを決める、
ブランディングワークショップからプロジェクトが始まり、
ロゴマーク制作、パッケージ制作、パンフレット制作などを経て、
最近ようやくホームページの公開に至りました。

先日の記事でも書かせていただきましたが、
山森漁業部さんとはワークショップやその後の制作フェーズで
何度も打ち合わせを重ねてきました。

特にワークショップには多くの時間を費やし
「自分たちだから提供できる価値」についてじっくりと考えてきました。

山森漁業部さんは主に
海鮮食材をオンラインで販売する事業を始動させたのですが、
今の時代、海の幸をネットで買おうと思えば多くのサイトから購入できます。

楽天やAmazonなどでも新鮮な海の幸は簡単に買えてしまうのです。

だからこそ売り手側からすると、
「私たちが獲った海の幸はどこよりも新鮮だ!」と
大きく主張したくなるのですが、、、
買い手側からすれば販売している海の幸はどこも
「新鮮で当たり前」という認識でいるわけです。

競合はどこよりも新鮮な状態で届けるために
あらゆる試行錯誤を行ないリソースを費やしているので、
そこだけで戦っても大きく勝ち越すことは難しい…。
(ある意味チャンス!)

とならば、
山森漁業部さんのサイト(オンラインショップ)では何を提供していくのか…?

答えはサイトに眠っているので、
是非ご覧になっていただきたいと思います。

ビジュアル的な世界観も今回出来上がったコンセプトに
しっかりと沿ったものに出来上がったと思います。


山森漁業部さんは、
「獲った海の幸を直接お客さんに届けたい」
「届けた後も積極的にコミュニケーションとり、お客さんを大切にしていきたい」
「漁師不足の村を救いたい」
「いつまでも新鮮な海の幸をご家庭に届け続けたい」

そんな熱い想いを持ってオンランショップを開設しました。

ブランディングさせていただいた僕もこの想いには深く共感しています。

この想いは何とかして実現していかなければと思っています。


だからこそホームページ公開はゴールではありません。
むしろここからがスタートになります。

山森漁業部さん、
今後は「ブランドを育てる」に全集中していきましょう。

これからも山森漁業部さんの想いに伴走していきます。

▼制作実績はこちら
https://pocket-design.co.jp/works/yamamori/

▼山森漁業部ブランド・ホームページはこちら
https://yamamori-gyogyo.com/

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ブランディング事例〜山森漁業部ブランド〜

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。