ターゲットを知らずして集客はできない | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ターゲットを知らずして集客はできない

集客のこと

POSTED | 2022.02.28

WRITER | ハギワラ マサタカ

ターゲットを知らずして集客はできない
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「ターゲットを知らずして集客はできない」
というテーマについてお話ししたいと思います。

ホームページやECサイトで集客を強化していこうと思った時に、
まず考えなければいけないのが「ターゲットは誰なのか?」ですよね。

「このサービスの特徴的にこの層に刺さりそうだよね。」
「このターゲットに向けてホームページ作り、情報発信、サービス改良を行っていこう」

こんな感じでターゲットの設計は誰もが重要だと認識されていて、
常に何となく頭の中にあるかと思います。

ただ!マーケティング戦略の設計に慣れていない方は
このターゲット設計後の段階において、
大抵抜け落ちてしまっていることがあります。

それは「ターゲットを理解するための行動」です。

せっかくターゲットを決めたのに、
深く理解しようとしないままアクションプランを考えてしまっているわけですね。

もっと酷い例は市場(ニーズ)を理解しきれていないのに
ターゲット選択をしてしまっているというケース…。

もしこれらの過程を踏んでいない状態で、
商品(サービス)や発信したコンテンツが当たったとしても
それは「偶然当たった」に過ぎないので、再現性はかなり低いです。

マーケティングやブランディングにおいて、
「何となく」や「たまたま」は絶対にNGで、
全て根拠を元に論理的に設計していく必要があります。

だからこそ僕たちはもっと情報を集めなければならない。

ここで注意したいのが、
ただただ情報の量を集めれば良いというわけではなく、
質を求めた一次情報と量を求めた2次情報をうまい塩梅で(目的に合わせて)
収集していく必要があります。

一次情報二次情報について下記の記事をご参考ください。
https://pocket-design.co.jp/journal/20211124-8/

また、何と言っても一番危ないのが「ターゲットを理解したつもり」になっている状態です。
この状態のままだとどんなに情報発信をしようと効果は得られません。
効果のでないマーケティング施策を永遠と繰り返し、
リソースを無駄にしているわけです。

サービス提供者はもっとターゲット(ペルソナ)を理解しなければならない。

少し知ったという状態で満足せず、
ターゲットに積極的に触れに行って、
時代の変化に伴う心の変化にも敏感に察知できる状態にしておいていただきたいと思います。

・・・

ポケットでブランディングワークショップを終えられた皆様!
この機会に今一度、僕たちと一緒に考えたターゲット(ペルソナ)のことを
じっくり調査してみてください◎


最後に余談ですが、
僕が東京にきた理由の一つに
「ターゲットの心の中をもっと理解したい」があります。

自社(ポケット)のターゲットのことはもちろんですが、
僕がブランディングサポートさせていただいている、
会社さんのターゲットも首都圏の方が多いのです。

僕はブランドマネージャーとして
お客さんのターゲットのことも深く理解していかなければならないと
常に意識しているので東京にやってきたわけです。

ちなみに今、
六本木の飲食店さんのブランディングプロジェクトが始動したので、
今度六本木に何度か足を運んでみようと思います。

六本木民になりきってきます。

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ターゲットを知らずして集客はできない

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。