大切なブランドのデザイン、誰に頼む? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

大切なブランドのデザイン、誰に頼む?

マーケティング

POSTED | 2022.02.03

WRITER | ハギワラ マサタカ

大切なブランドのデザイン、誰に頼む?
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターの萩原です。

今日は「大切なブランドのデザイン、誰に頼む?」
というテーマについてお話ししたいと思います。


現代はモノや情報が溢れ返っている時代。

スマホでAmazonを開けば簡単に高品質で便利な商品が手に入る。

「このA商品欲しいな」
「いやちょっと高い」
「こっちのB商品、
スペックほぼA商品と同じだから価格が安いこっちにしょう!」

前提として、消費者は上記のような流れで購買行動を行っています。

情報が多くなった時代なので技術は簡単に真似できてしまう。
そんな時代に機能だけで勝負していこうとすると、
せっかく苦労して開発した新機能もすぐに競合に真似され、
消費者からは類似商品として捉えられてしまいます。

結果、価格競争に巻き込まれてしまう…。


高まり続けるデザインの価値。ただ…

話が少し変わります。
今デザインの価値が一気に高まってきています。

デザインは機能的な価値ではなく
情緒的な価値を創出することができるからです。

自己表現価値と呼んだりもしますが、
「このオシャレなデザインの商品を持っていると、
私らしさを表現できているような気がして何だか気分が上がる」

これは大きな価値の一つで、
機能的価値以外の部分で競合と差別化を計ることができます。

なのでここ最近は各企業が
よりデザインにこだわる様になってきています。

・・・

ただ!
ここで注意していただきたいのが、
「オシャレにすれば売れる」というのは大きな誤解です。


確かに今世の中で注目を浴びているブランドは
全てオシャレにデザインされています。

だからオシャレにすれば注目されるという誤解が生まれてしまう。

支持されていないブランドと
人気のあるブランドとで何が違うのかというと、
人気のあるブランドのデザインには、
理念が加味された戦略が施されています。

なので「何となくいま風にシンプルでお洒落な感じのデザインしよう!」
は絶対にやめた方が良いです。

戦略のないデザインに関しても
簡単に真似できてしまうので、
リソースが無駄になってしまうことが往々にしてあります。


誰に依頼すれば良いのか

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

自身が持つブランドを強化していくために
デザインをこだわろうと思ったらまず外注先を探すかと思います。

ただ、今世の中には多くのデザイン会社や
フリーランスのデザイナーさんが存在します。

ここで今日のタイトルの結論を言ってしまうとデザインの依頼先は
「とにかく引っ張りだこのデザイン会社さんや
デザイナーさんにデザインの依頼をするべき」
だと僕は思います。

「知り合いだから」
「安いから」
「納期が合うから」
とかではなくです!

シンプルに考えて、
引っ張りだこの人には引っ張りだこになっているだけの理由があって、
時間が余っている人には余っているだけの理由があると思います。

引っ張りだこの方は基本的に金額も高額だったりしますが、
「価値」や「意味」に目を向けていただきたい。


引っ張りだこ理由

引っ張りだこになっているデザイン会社さんやデザイナーさんが
なぜ引っ張りだこになっているのか?
先ほど書かせていただいた通り、
「理念を考慮した戦略をじっくり考えた上でデザインをおこせるから」だと思います。

先ほども似たようなことを書かせていただきましたが
消費者の方が
「なんかこのデザイン心に刺さる!好き!」
というデザインにはこうした戦略が施されています。


まとめ

僕たちもデザインに対する考え方として、
「デザインはマーケティングの一部」と捉えています。

デザインとマーケティングをを切り離してしまえば
デザインではなくアート的なものが出来上がってしまいます。

そうなると「結局このデザインは誰のため?」と、
全員が腑に落ちないモノが出来上がります。

・これから自身が持つブランドのデザインを考えていく方。
・現在制作中だがなかなかデザインの正解がわからないという方。

時間や費用が多く必要になってくるかもしれません。
ですが投資と捉えて、引っ張りだこになっている方に
自社のブランドを委ねてみてはいかがでしょうか。

※ちなみに、担当者と足並みが揃うかも非常に重要です!


▼戦略とはについて書いた記事
(中小企業こそ戦略が大事)
https://pocket-design.co.jp/journal/20211026-8/


それではまた!!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 大切なブランドのデザイン、誰に頼む?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。