情報・意見との付き合い方~ハロー効果に抗ってみる~ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

情報・意見との付き合い方~ハロー効果に抗ってみる~

ホームページのこと

POSTED | 2022.03.08

WRITER | ハギワラ マサタカ

情報・意見との付き合い方~ハロー効果に抗ってみる~
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「情報・意見との付き合い方~ハロー効果に抗ってみる~」というテーマについてお話したいと思います。
僕が20代の頃から意識し続けていることです。

結論から知りたい方は「まとめ」の部分にジャンプしてから読み進めてください。


ハロー効果とは?

「ハロー効果」という言葉をご存知でしょうか。
詳しくハロー効果について知りたい方はGoogleで検索してみてください。

僕なりの言葉で簡単に説明してしまうと、
まずハロー効果は人間の心理の一つです。
(認知バイアスの一種)

何か対象となる物事を捉える時に、
目立つ特徴的なものに引っ張られて、
自身の中での評価が変わってしまうことを言います。

例えば、
書店などでビジネス本を選んでいる時に
「有名人が推奨している」という特徴に引っ張られて
「その本はきっと名著なのだろう」と
漠然と判断してしまうことはありませんか?

まさにこれはハロー効果によるものです。

より簡単に言ってしまうと特徴的な何かに引きずられて
考えに偏りが出て、評価が歪められてしまうことです。


思い込みを力に変える

大前提として、
やっぱり、実力がある方の話というのは
説得力がありますし、とても勉強になります。

僕が書籍をたくさん読んでいるのも
これまで実績を積んできた方の
ノウハウを参考にして自分のものにしていきたいからです。

そして書籍の著者と考えが一致していたりすると
自分の考えや姿勢を後押しされている様な気持ちになり、
自信がつき前向きになっていきます。

つまるところ、思い込みの力が強くなるわけです。

どこかで詳しく記事にしたいと思いますが、
思い込みの力は計り知れません!

思い込みが強くなることによって
良くも悪くも人は信じれないくらい
大きく変化していきます。


何を言ったかに目を向ける

ただ、真に受けすぎてしまうのもよくありません。
僕が意識しているのは、
物事を捉える時に「あっ今ハロー効果が働いている!」
と自らで気づき、
考えに偏りが生じない様にした上で自分なりに
正当な評価を行う様にしています。

どういうことかというと、
「誰が言っているか?」ではなく、「何を言っているか?」に目を向け
自分の頭の中で自分なりの仮説を立てる様にしています。

というのも「自分で考える」という機会や
「何を言っているか?」をという部分に目を向けないことで
自身の成長やまた違った気づきを得られる機会を
損失してしまっているからです。

「自分で考える機会損失」については言うまでもありません。

「何を言ったか」については、ここに目を向けておかないと
まだ実績があまりない人が
万一に重要なことを言っていたとしても
それを真摯に受け止めることができません。

例えば、新入社員が放った一言にも
企業が良い方向に進むためのヒントが眠っていることも
往々にしてあるはずです。

これはある意味大きなチャンスロスです。


まとめ

現代はスマホを開けば、沢山の情報に触れることができます。
がしかし、全ての情報を真に受けてしまうことはよくないことです。

つまりは、情報の見極めが重要で、
まずはハロー効果に抗って、
情報の真意を自分なりに考えてみることが大切です。

ちなみにハロー効果は情報発信をする側としては
テクニックの一つとしてとても有効的だったりします。

情報の先には常に「人」がいるので
こういった心理学的なところも
多少学んでおくとより良い情報発信ができます。

僕自身も引き続き情報やハロー効果とうまく付き合っていきたいと思います。

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 情報・意見との付き合い方~ハロー効果に抗ってみる~

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。