夢を諦めていないかい? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

夢を諦めていないかい?

仕事のこと

POSTED | 2021.12.29

WRITER | ナカムラ ヒロキ

夢を諦めていないかい?
こんにちは、ブランドコンサルタントのなかむらです。

突然ですが、皆さんには叶えたい夢はありますか?

僕は今40歳で、もうすぐ41歳を迎えます。
結構いい大人です。

そんないい大人ですが、小学校、中学校、そして社会人になってから、
ずーっとしばらくの間、僕には夢がありませんでした。

高校生の時、ノストラダムスの大予言という実しやかな予言があり、
1999年の夏に人類は滅びると言われていました。

僕はそれをずっと信じていました。
夢を持ったところで、いずれ地球は滅びてしまうのだ。
そう思っていました。

1999年の夏は、高校卒業後すぐにやってくる夏でした。

高校卒業前って、進路を決める重要な時期です。
周りのみんなは、それぞれに夢を持ち、大学へ進学しようとしていたり、
就職をしようとしていたりしました。

そんな人たちを横目に、僕はもうすぐ地球が滅ぶのに平和だなくらいに思っていました。

ところが、1999年の夏を過ぎても地球は滅びませんでした。

そして、僕は夢や希望がないまま、社会の中に放り出されてしまったのです。
それからというもの、夢を持てなくなったのです。

社会に出てからは、ただ目の前のことを一生懸命にこなす毎日。

夢を見ようと思ったこともあるのですが、
長い間培われた考え方を急に変えるのは実に難しかったのです。

・・・

そんな僕ですが、ここ数年で夢を持つことができました。

仕事柄、色々な経営者さんやこれから起業される方々とお話をする機会が多く、
どの方もみんな目を輝かせて夢を語りかけてくるのです。

その言葉ひとつひとつがキラキラしていて、眩しくて。
僕はそんな言葉を聞くたびに、少しずつ自分自身の考え方が変化していったのです。

夢を持つって素晴らしい。
そんなふ風に思えてきたのです。

ところが、いざ自分の夢って何だろう?と考えた時、
すぐには夢を見つけることができませんでした。

そう、夢って見つけようと思っても、簡単に見つかるものではなかったのです。
夢の見つけ方初心者の僕にとっては、初めて見た数学の公式のような衝撃でした。

その後、夢を探すという意識を持ちながら日々の仕事をしていると、
次第に自分の夢はこれなんじゃないかというものが見つかったのです。

それは「デザイン業界を変えたい」という夢です。
(正確に言えば夢ではなく手段なのですが。)

この夢はふっと思いついた夢ではありません。
夢のかけらを拾い集めて組み合わせたら、結果的にこれになったのです。

夢を持つためには、まずは自分の価値を知ること、棚卸しが必要です。
自分ができることってなんだろう?
これまで成し遂げてきたことってなんだろう?
そんな問いを繰り返した結果、生まれた夢です。

日本は今、少子高齢化や環境問題等、解決しなければいけない課題がたくさんあります。
でも、正直それらの問題ってスケールが大きすぎてしまい、自分ゴト化できないです。

もちろん、ひとりひとりが取り組みをしていかなければいけないことだとは思うのですが、
やっぱり人間ですから、自分の身近な人たちや自分のことを優先してしまいます。

唯一自分ゴト化できるのが子供たちのことです。
このまま悪くなる一方の日本の未来を、子供たちに残したくない。
負の遺産を残したくない。

かといって、ちっぽけな自分1人の力ではどうにも帰られません。
特にスケールの大きな課題に対しては歯が立ちません。

じゃあ一体何ができるのか?

その答えが「デザインの力で世の中を良くすること」だったのです。
デザインには課題を解決する力があります。

目の前で起きている課題を一つ一つ解決に導いていくことで、
結果的に一人一人が夢や希望が持てる社会を作り、笑顔で溢れるような世界になるのでは。
そう思ったのです。

でも、デザイン業界においては解決すべき問題や課題がたくさんあります。
それらが足枷となってしまっては幸せな世界を作ることができません。

だから、僕は「デザイン業界を変えたい」そう思ったのです。

「デザイン業界を変えたい」というのは一つの手段です。
その先に、希望に満ち溢れた社会を作りたいという夢があるのです。

希望に満ち溢れた社会を作りたい
それはポケットのビジョンでもあるのです。

夢を持つことができなかった僕が、夢を持つことができたのは、
夢や希望に満ち溢れていた周りの方々のおかげです。

感謝をしながら、夢に向かって進んでいきたいと思います。

そして、夢を持てなかったあの頃の僕に一言、言いたい。
「夢を持つって素晴らしいことだよ」

それでは、また!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 夢を諦めていないかい?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。