自分にとっての価値とあなたにとっての価値 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

自分にとっての価値とあなたにとっての価値

マーケティング

POSTED | 2021.12.22

WRITER | ハギワラ マサタカ

自分にとっての価値とあなたにとっての価値
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「自分にとっての価値とあなたにとっての価値」というテーマについてお話ししたいと思います。

僕はブランディングを進めていく上で「顧客視点」というワードを何度も口にします。
(きっと100回は言っていると思う!)

それはなぜかというと、
得てして自分たちが価値と思っていることと顧客が価値と感じることが違っているからです。

自分たちが価値と感じることだけを
一方的に発信していても顧客は振り向いてはくれません。


顧客は価値と思っていないかも?

ブランディングプロジェクト(コンセプト設計)の序盤の方で、
「御社(または提供するサービス)の特徴的な強みはなんですか?」
という質問をよくさせていただくのですが、
この時に「顧客にとって価値を感じる特徴的な強み」を
真っ先にあげられる方はとても少ないです。

例えば会社としての強みでいうと、
「技術力がある。」「会社の歴史が長い」などの強みが上がってくることが多いです。

この強みをそのまま伝えたとしたら、顧客は価値を感じるでしょうか?

・・・正直あまり感じないですよね。

●技術力があると顧客はどうなるのか?
●会社の歴史が長いと顧客はどうなるのか?

ここまでまでしっかり考えた上で、伝え方を練っていかなければなりません。


顧客にとっては特徴的ではないかも?

そして、「技術力がある。」「会社の歴史が長い」は特徴的でしょうか?

技術力に関しては、自分たちからしてみれば
競合の技術と自社の技術に関して詳しいので、違いを把握できていると思いますが、
顧客からしてみれば、正直技術はあまり見えない部分ですし、
詳しく説明をされてもすぐには理解できない内容だったりします。
これに関して特徴的と感じる人は少ないのではないかと思います。

会社の歴史が長いに関しても、歴史が長い競合他社は他にもあるはずです。
本当に業界の中で群を抜いて歴史が長ければ、
顧客にとって特徴的と感じられるかもしれないですが、
それが使えるのは歴史No. 1の会社のみです。

この様に顧客の立場になって考えてみると、
自分たちが良いと思っていることが、
周りから見たらそこまで良いと感じないことだらけだったります。。。

改めて自社のホームページやパンフレットなどを見返してみていただきたいです。

書かれている内容は本当に顧客の立場から見ても
価値を感じる内容が書かれているでしょうか?
さらには他社には無い独自性はあるでしょうか?


応募者にとっての価値

そしてこれは顧客に限った話ではありません。
人材採用に関しても同様です。

今はそこまで採用に力をいれていないという会社は
そこまで気にする必要はないかもしれないですが、
人材不足で採用に力をいれている企業は、
応募者の視点に立ってみて自社で働くことの価値をしっかりと訴求していかなければ、
人材は競合他社に流れていってしまいます。

今一度、自社から発信されているメッセージを全て確認してみていただきたいです!(今すぐ!!)


最後に

顧客視点が大事ということは分かっていても、
会社組織全体が顧客視点になることはなかなか難しいと思います。

明日は「なぜ組織は顧客視点になりきれないのか?」について書いてみたいと思います。

それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 自分にとっての価値とあなたにとっての価値

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。