チームの瞬発力を発揮する働き方 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

チームの瞬発力を発揮する働き方

仕事のこと

POSTED | 2021.12.20

WRITER | ハギワラ マサタカ

チームの瞬発力を発揮する働き方
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「チームの瞬発力を発揮する働き方」というテーマについてお話ししたいと思います。

僕は今、対面での「コミュニケーション」がいかに大事だったかを痛感しております。

コロナが流行してから多くの企業がこれまでの働き方を見直されたかと思います。

リモートワークという働き方が多くの企業で取り入れられ、
「あれ?リモートワークの方が集中できるじゃん!こっちの方が効率的じゃん!」と
思われた方は少なくないと思います。

実際、僕もその一人です。

通勤時間も省けますし、雑談することもなくなったので、タスクを早くこなすことができます。
さらには、家事との両立も可能です。

本当に素晴らしい働き方です!

ですが、物事は何かを得れば何かを失うようにできています。
(のび太君が出来杉くんの様になってしまったらドラえもんの物語が面白く無くなってしまう様に…)

リモートワークという効率的な働き方を得た僕たちが失ったもの・・・
それはなんといっても「コミュニケーション」ですよね。

やっぱりオンライン上でのコミュニケーションには限界があります。

特に、リモートワークが主流になった現代において、大きな課題となっているのが、
「チーム力の向上(チームビルディング)」だと思います。

このチーム力の向上の中に、
・目的(ゴール)の共有、浸透活動
・チーム内の情報共有
・スタッフのモチベーション向上
・スタッフ間の信頼関係の構築
・教育(人材開発)
などが含まれているのですが、
チームメンバーそれぞれの働く場所がバラバラで
これらを(メンバーが1箇所に集まっている状態以上に)上手く行える方法が僕には見当たりません。

もちろん、毎日全員が同じ場所に集まる必要はないと思いますが、
少なくとも週に一回はオフラインの場でのコミュニケーションが必要なのではないかと思います。

個で瞬発力を発揮するにはリモートワークに軍配が上がります。
ですが、チーム全体としての瞬発力は、その場にメンバーが集結している状態で発揮されると僕は思っています。。

なので会社としてここぞという時は、
定着してしまったリモートワークという働き方を一度見直してみると良いのではないかと思います。

とはいえ、コロナウィルスに対してまだまだ油断はできません。

この辺りは状況を見て慎重に判断する必要がありますが、
企業の成長が停滞してしまえば、守りたいものを守れなくなっていくのも事実です。

僕が一緒にお仕事をさせていただいている各企業さんも
少し前から対面で仕事をする機会を増やしているそうです。

どちらにしろ、ケースバイケースで働き方を選択できる様に準備をしておきたいところです。

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > チームの瞬発力を発揮する働き方

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。