中小企業は大企業を真似ちゃダメ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

中小企業は大企業を真似ちゃダメ

経営について

POSTED | 2021.12.20

WRITER | ナカムラ ヒロキ

中小企業は大企業を真似ちゃダメ
こんにちは、ブランドコンサルタントのなかむらです。

ブランディングと聞くと大企業がやってるアレでしょ?
と思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

例えば1978年にオーストラリアで生まれた「レッドブル」
有名なキャッチフレーズに「冒険者を称え、翼をさずける」というものがあります。

レッドブルの創業者はレッドブルは単なる飲料ではなくて、
エキサイティングな体験ができる飲料だ!と言っています。

エキサイティングな毎日を過ごす冒険者に翼を授ける。
頑張っている人を応援するというメッセージを伝え続けた結果、
もともとおじさん臭いイメージのあったエナジードリンクのイメージを変え、
多くの若者にとってのブランドになっていきました。

今日は仕事が長くなりそうだから、気合を入れるためにレッドブルだ!みたいに。

レッドブルは1本あたり300円近くするので、決して安い金額ではありませんが、
指名買いされるブランドになっていったのです。

「冒険者を称え、翼をさずける」

なんだかとってもカッコいいコピーですよね。

中小企業がブランディングを行う際に、
ついつい耳馴染みのある大企業のコピーをまねようとしてしまいます。

でもブランドには適正な規模があります。

例えば商店街の八百屋さんが、大手の真似をして、
「おいしいの、その先へ」といったコピーを掲げていたらどうでしょう。
ちょっと引いてしまいませんか?
八百屋のイメージと規模感のギャップがありすぎですよね。

それよりも「毎朝4時おきで市場へ通い続けた親父が選ぶ野菜」
の方が響きやすく印象に残ります。

これは少し極端な例かもしれませんが、
かっこいいコピーが使えるのは、圧倒的に認知のある企業だけだということです。

中小企業には中小企業の闘い方があります。
自分たちのポジションなどをきちんと意識しながらブランドづくりをしたいものです。

それではまた!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 中小企業は大企業を真似ちゃダメ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。