情報過多の時代、顧客は何を求めているのか | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

情報過多の時代、顧客は何を求めているのか

集客のこと

POSTED | 2021.12.10

WRITER | ハギワラ マサタカ

情報過多の時代、顧客は何を求めているのか
こんにちは!
ブランドマネーシャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「情報過多の時代、顧客は何を求めているのか」というテーマについてお話ししたいと思います。

何かわからないことがあった時
ググってしまえば、自分が知りたい情報がいくつも表示されますよね。

情報がすぐに手に入る様になった現代において、知識の格差が徐々に無くなりつつあります。

ですが、「情報が多く簡単に手に入る」は決してメリットばかりではありません。

もちろん情報の中にはデマ情報もいくつかあるのも事実です。
デマ情報が真実かの様に拡散されてしまえば世の中全体デマ情報に翻弄され、混乱が生じます。

少し前にトイレットペーパーが店頭から無くなるという事態がありましたよね。
あれなんてまさにSNSでデマ情報が拡散され、誰もがデマ情報に翻弄されてしまった一件だったかと思います。


様々な情報に触れられるのは便利だが、デマ情報も多くなってしまった現代。

今世の中の人が求めているのは、「信頼できる人からの情報」だと思います。

「ネットではこんな情報があったのですが、それってどうなんですか?」
誰もがそんな疑問を信頼を寄せている専門家に聞いてみたいはずです。

極端な話、専門家でなくても信頼している人からの情報が一番信じられますよね。


ビジネスは基本的に信頼の上で成り立っています。

お客さんにサービスに対する対価をいただけているということは、
お客さんはサービス提供者のことを信頼しているはずです。
また、提供しているサービスを求めてきてくれているということは、
その分野に関心があり、何かしらの疑問を抱えています。

・・・

あなたは信頼を寄せてくれている人に対して情報を提供できていますか?

もちろん、会った時に何か質問をされれば、お答えしているかと思います。
ですが、会わずとも疑問を解決したいと思うときはあるはずです。
そして対面では情報を提供できる人数に限りがあります。

ブログやSNSは何も新規顧客獲得を目的とする場ではありません。
信頼してくれている人たちとコミュニケーションをとる場でもあります。

何を信じたら良いのかわからない現代。
あなたからの情報を待っている人は必ずいます。

その人たちに向けて情報を届けていきましょう!

それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 情報過多の時代、顧客は何を求めているのか

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。