良い戦略には一次情報が必須 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

良い戦略には一次情報が必須

マーケティング

POSTED | 2021.11.24

WRITER | ハギワラ マサタカ

良い戦略には一次情報が必須
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「良い戦略には一次情報が必須」というテーマについてお話ししたいと思います。

タイトルがそのまま結論なのですが、
戦略を考える際に是非意識していただきたいことを書いていきたいと思います。


情報は大きく分けると2種類ある

企業の戦略を考える際、
まずは必ず自社が現在置かれている状況の分析から入ります。(環境分析)
競合の分析やニーズ調査などを行い、
徹底的に成功確率が高い場所を探し出した上でそれに適した戦略を立てなければいけません。

この環境分析を行う際にやってしまいがちなのが、
誰かからの情報だけを鵜呑みにして戦略を立ててしまうことです。

情報には一次情報と二次情報があります。

一時情報とは、自らが直接体験して得られた情報のことです。
そして二次情報とは一次情報を持っている他人から得ることのできた情報です。

企業の戦略を考えるときはこの一次情報と二次情報をうまく使い分けていかなければなりません。


価値が高い!一次情報

一次情報の特徴としては、
・信頼性が高い情報
・差別化された情報
などがあげられます。

「信頼性が高い」については、
一次情報は自らが直接体験したり、検証したりして得られた情報なので、
事実と異なる情報となることはありません。
よって、何よりも信じられるはずです。

反対に二次情報は信頼性が低いです。
極端な例ですが、身近なところで言うと「あの人〇〇らしいよ〜」という噂話。

噂話が事実と異なっていたというケースは少なくないですよね。

誰かの想像や解釈が間に入ってしまえば新鮮な情報とは言えません。
なのでより信頼できる情報を取得したいのであれば、意識的に一次情報を取得していくべきです。

「差別化された情報」という特徴については
二次情報というのは基本的に多くの人が共通で持っている情報です。

例えばネットに書かれている情報は誰もが閲覧することができます。
ネットで検索してその情報に触れた人が多ければ多いほど、
その情報を所持している人も多いということです。

一次情報は自分で直接体験して得られた情報なので、
誰かに話さなければその情報を所持しているのは自分だけです。
よって、極めて希少かと思います。(情報に個性がある)

この差別化された情報は他の誰も知り得ない情報なので、
ここを起点に仮説を立てられれば誰もが驚く戦略を構築できるかもしれません。


一次情報にも欠点が

ここまで書かせていただいた通り、一次情報はとても価値が高いです。

なので一次情報を多く収集し、戦略の構築に役立てていきたいところですが、
一次情報にももちろんデメリットはあります。

そのデメリットというのは、一時情報を取得するにはコストがかかるという点です。
やっぱり自分自身が体験して情報を得ていくには、それなりに時間とお金は間違いなくかかってきます。

なので、短期的に多くの情報を得たいのではれば、二次情報に頼るしかありません。

ただ二次情報は誰もが知っている情報であり、事実と異なっている可能性が高いので、
あくまで参考程度に留めておく必要があります。
鵜呑みにし過ぎてしまうのはNGです。


まとめ

情報は人を介せば介すほど信頼性が薄れていくものです。
環境分析を行う際に、ネットに転がっている情報(二次情報)だけをあてにして分析をしてしまうと、
失敗の確率が高い戦略が構築されてしまいます。

良い戦略を立てられる人は間違いなく一次情報を積極的に取りに行っています。
できるだけ一次情報を取得する様に心がけ、コスト的に難しいときは二次情報で補う様にしましょう!

ちなみに僕たちも一次情報を大切にしているため、
自社で何度も仮説検証を繰り返しています。

二次情報だけでご提案することなんてできません。


それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 良い戦略には一次情報が必須

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。