そのデザインに意味があるのか? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

そのデザインに意味があるのか?

ブランディング

POSTED | 2021.11.23

WRITER | ナカムラ ヒロキ

そのデザインに意味があるのか?
こんにちは、ブランドコンサルタントのなかむらです。

突然ですが、僕はデザインが好きです。

しかし、ブランディングとデザイン制作を同時に考えることができません。
というのも、ブランディングとデザインは使う脳が違うので、自分の頭の中で切り替えをしないといけないのです。

さぁ、今日はデザインを作るぞ。
さぁ、今日はブランディングを考えるぞ。
といった具合にです。

それにしてもデザインはとてもおもしろいので、日々楽しく仕事をしています。

今日はその「デザイン」についてのお話です。

よく●●のサイトのデザインを真似て作って欲しいという声を耳にします。
特にAppleのサイトは多くの人を魅了するようで、ベンチマークのサイトに「Apple」が出る確率が高い気がします。
なぜ●●のサイトを真似て欲しいのでしょうか?

多くの人が見ているサイトは考え抜いて作られているので間違いない!
自身がAppleユーザーだから、Appleのサイトに特別な感情を抱いている!
とりあえずかっこいい!
Appleのサイトはトレンドを先取りしているに違いない!
他にもいろいろとあるとは思うのですが、パッと思いつく限りこんな理由でしょうか。

でも、厳しめの言い方をしますが、Appleのサイトを真似ても意味がありません。
ここで言う「意味」とは「効果」のことではありません。
Appleのサイトを真似ても効果(意味)がないということではないのです。
正真正銘「意味」がないということです。
デザインには意味が含まれていないといけません。
なんとなくのデザインやただかっこいいだけのデザインではいけないのです。

なぜなら良いデザインは簡単に真似られてしまいます。
多くの人がAppleのサイトを真似て作ろうとしているように、簡単に第三者によって真似られます。
もし仮に、自社の商品の強みの一つにデザインがあるとして、
そのデザインに深い意味がなく単純にかっこいいデザインだったとしたら。

第三者に真似られ、しかも自社以上のデザインを武装されたら一気にシェアを奪われてしまいます。

意味のないデザインは、簡単に模倣されてしまうのです。
●●のサイトのデザインを真似たら、そのサイトをまた誰かが真似て・・・の繰り返しです。

では、Appleのサイトのデザインにはどんな意味があるのでしょうか?
その答えは、サイトに意味があるというよりも、Appleというブランドに意味があると思うのです。
もっというと、創業者であるスティーブ・ジョブズがこれまで世界に対して蓄積してきた情報の蓄積に意味があるわけです。

サイトはブランドを体現する場所であり、ブランドの背景とデザインが掛け合わさっているから意味が生まれているのです。

Appleのサイトを真似てしてかっこよく作ったとしても、そのブランドの背景までもを真似することはできません。
ということは「意味がない」ということなのです。

ちょっと回りくどい説明をしてしまいましたが、意味のないデザインには意味がないのです。

サイトのデザインを真似ても意味がないですよ!というお話をさせていただきました。

それではまた!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > そのデザインに意味があるのか?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。