買ってくださいと言われたら買わない | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

買ってくださいと言われたら買わない

マーケティング

POSTED | 2021.11.19

WRITER | ナカムラ ヒロキ

買ってくださいと言われたら買わない
こんにちは、なかむらです!

今日は僕らがブランディングをする理由についてお話をしたいと思います。

僕は営業心まるだしのアプローチが大嫌いです。
ちょっと欲しいなと思っても、買ってくださいオーラが強いと引いてしまいます。

その心は、いたってシンプルです。
欲しいなと思った瞬間って、その商品に価値を見出してるわけです。

自分の中では、その商品を購入する理由を探していて、その商品を購入することが正しいんだよと、
自分の中で正当化しようとしているわけです。
そんな時に、追い込みの営業トークをされてしまったら、売られたくないという心理が働いてThe endです。

商品を売るためには、接触後のアプローチよりも、
接触前のアプローチが大事だと思うのです。


ブランディングはファンづくり

ブランディングはざっくり言うと「ファンづくり」でもあります。
ブランドに対して好意的な状態=ファンになっておいてもらうことが大切です。

もちろん良い商品を提供することや、買ってもらってからのフォローなど、
お客さんとの接触するポイントごとにブランドの体験をしてもらうことで、
その人にとってより確固たるブランドにしていくことが大切ですが、
購入してもらう前のアプローチが結構大事だったりします。


ファンを減らす魔法の言葉

ファンを減らす魔法の言葉があります。
それは「買ってください」「この商品おすすめです」といった売り文句です。

せっかくブランドに対して好意的な印象を抱いていたとしても、
これらの言葉を発動することによって「売られたくない」心理が働いてしまいます。
ただ、ブランドの熱烈なファンだとしたらどうでしょう?


売れる前に勝負は決まっている

自分が好きなブランドを想像してみてください。
本当に好きなブランドでそのファンであれば、売り込みの文句でさえ不快に思わずに購入まっしぐらになる可能性が高いと思います。
熱烈なファンであれば、少しの障害なんてなんのそのです。

購入前にどのくらいのファンであるかによって、購入されるか否かが決まってくるのです。
売れる前に勝負は決まっているのかもしれません。


では、どうやったら購入前にファンを生み出すことができるのでしょうか?
露出を増やして多くの人に認知してもらった上で次の3つのポイントを抑えた方が良いと思います。


悩み事に応える

お客さんは悩んでます。
悩みを解決したいからこそ、商品やサービスを求めます。
まずは売り込まずに悩みに真摯に応えること。これが大事です。

対面であれば、きちんとお悩みをヒアリングして解決策を提示してあげる。
オンラインであれば、悩みに対しての答えを提示してあげるといった感じです。


何かをしてあげる

次に積極的に何かをしてあげることです。
下心はすぐに見破られてしまいますので、まずはお客さんの役に立つこと。

人は何かをしてもらったら、お返しをしたくなるものです。
それがその人にとって大きなことであれば尚更です。
見返りを求めずに、まずは何かをしてあげること。これ大切です。


情報を提供する

上記の2つと被る点ではありますが、情報を積極的に発信した方が良いと思います。
人はそもそも知らないものに対しては抵抗を覚えるものです。
どんどんと情報を開示して知ってもらう努力を行いましょう。

もう何回も伝えているから伝わっているでしょ?
は大きな誤解で、自分たちが思う以上に相手には伝わってないことの方が多いものです。

継続的に、丁寧に情報を発信することをおすすめします。


いかがでしたでしょうか?
商品が売れるかどうかは実は売る前に決まっているかもというお話です。
売れないのは下準備(ファン化)ができていないからかもしれませんね。

ブランディングを通じて、これらも含めたファン作りをしていきましょう。
ここに僕らがブランディングを行う意味が隠れているのです。

それではまた!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 買ってくださいと言われたら買わない

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。