ユーザーに優しいホームページ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ユーザーに優しいホームページ

ホームページのこと

POSTED | 2021.11.11

WRITER | ハギワラ マサタカ

ユーザーに優しいホームページ
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「ユーザーに優しいホームページ」というテーマについてお話ししたいと思います。

いきなり質問ですが、皆さんは何を目的にホームページを見に行きますか??

普段当たり前の様に様々なホームページを見にいかれているかと思います。
当たり前になりすぎてこの様な事を深く考える機会はそんなにないですよね。

この様な質問をすると、基本的に皆さん同じ回答が返ってきます。
答えはシンプルで基本的には「疑問を解消したり、知りたい情報を入手するため」だと思います。

そもそもYahooやGoogleで何かを検索するという行動自体が、
今抱えている疑問を解消するために情報を探しに行っているということなので、
自分に問いかけてみれば簡単に出てくる答えだったかと思います。


目的はホームページを立ち上げることではない

ただ!
いざホームページを作ろうとした時に、この基本的な事をついつい忘れがちになっているかと思います。

予算や制作に割く時間にも限りがあるため、その事が頭から離れてしまうのも仕方ありません。

その証拠に、ユーザーの疑問を解消することができているホームページがどれだけあるでしょうか。
そんなに多くはないと思います。

戦略的に情報を開示しすぎない様にしているのであれば、そこには意図があるので良いと思うのですが、
載せるべき情報を載せられていないホームページはまだまだたくさんあります。

ホームページを立ち上げることの目的は
ホームページで存在を知ってもらい、信頼を得て、集客成果を得ることだと思います。

信頼を得るにあたって、ユーザーの疑問を解消することは間違いなく必要です。


疑問の数は無限大

現状、自社が運営しているホームページでは自社、事業、商品などの
疑問を解決するコンテンツが揃えられているでしょうか。
または現在制作中であれば、
必要最低限の情報のみを載せたホームページを作ろうとしていないでしょうか。

例えば、何かの機械を製造販売していて、「品質の良さ」を強く押しているのであれば、
その事実のみ伝えたところで信頼は得られません。

品質の良い製品を作れる根拠やそもそも品質が良いってどういう製品のことなのか?(品質が良い製品の定義)まで
記載しなければ、信頼は得られないと思います。

その他にもあげ出せばキリがないですが、
・どんな人たちが作っているのか?
・製造者がどんなところにこだわりを持って製造しているのか?
・どんな想いでこの事業を始めたのか?
・企業がその製品でどんな社会を実現していきたいのか?
・故障した際はどの様な対応をしてくれるのか?またその手順は?
・使用方法は?
・最適な利用シーンは?
・保証期間は?
・USPは?(他にはない独自の強み)
・健康被害はないのか?
・実際にこれまでお客様からいただいた声は?

など、本当にキリがないくらい載せなければいけないコンテンツがあります。
多くの疑問を解消できていればいるほど、思いやりがあり、
ユーザーにとって優しいホームページと言えると思います。

そんな「ユーザーにとって優しいホームページ」が集客成果に繋がっていくのだと思います。


疑問を解消できていることは大前提

ここまで書かせていただいた内容はホームページを作る上での大前提となるお話しでした。

疑問を解消するコンテンツをしっかり揃えられた上で、
・直感を刺激し、らしさを感じてもらえる様なデザイン。
・見やすく、情報を探しやすいデザインや導線の設計。
・共感を得るライティング。
なども考えていく必要があると思います。

そしていつも言っておりますが、集客成果を出していくには「ブログの運営」も必須です!


話を戻しますが、
今一度ユーザー視点に立ってみて自社のホームページを見直してみていただきたいです。
どうしても課題が見えてこない様であれば、
第三者にホームページをいじってもらって率直な感想を聞いてみるのもアリです。

やるべき事を地道にコツコツ積み重ねていけば、必ずホームーページから成果は得られます。
そう考えると、ホームページから成果を得られないのは、
根本を辿れば、ホームページ自体が悪いわけではなく、自分達に原因があるのかもしれません。

デジタルで繋がりはしますが、結局は制作も運営も利用するのも「人」ですもんね。
(なんだかすごい現実的な話をしてしまいました;)

何はともあれ、「ユーザーにとって優しいホームページ」を目指していきましょう!

それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ユーザーに優しいホームページ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。