がんばらない経営を実践します | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

がんばらない経営を実践します

経営について

POSTED | 2021.11.03

WRITER | ナカムラ ヒロキ

がんばらない経営を実践します
こんにちは!なかむらです!

最近ゴシックフォントにハマっていて、デザインを作る際にフォントを拡大してはニヤニヤしています。
(´-`).。oO 愛おしいゴシック

さて、今日はうちの会社の内輪話になりますがお付き合いください。

ポケットのグループ会社である、デザイン会社のアプリコットデザイン。
こちらの会社の大改革のため、しばらくの間ずーーーーっと下準備をしてきました。

しかし、どうにもこうにもしっくりこない事が多くありました。
様々な問題に直面をしながらも、ずーーーーっと悩み動いていました。

一歩進んでは2歩下がる。
そんな日々だったのです。

僕は常々、成長し続けなければ大切なものを守れない。
「成長する事が正義」と思っていました。
もちろん今でもその考え自体は変わりません。

でも、考えて行動すればするほどに「ひとりぼっち」な感覚に包まれていきました。
振り返ると、10km後方にみんながいる。

もちろんみんなそれぞれの持ち場で全力でがんばっていました。
だからみんなが悪いということではありません。

これは多分僕自身の問題で、ひとりで熱くなりすぎていたのです。
成長したい願望が強すぎてかなりの温度差が発生していたのです。

僕はブログをひとつの物差しとしていて、ブログの更新頻度が悪いと、
スタッフの状態が良くないと判断しています。

もちろんそこには忙しいという理由もあるのですが、
忙しいとは心を亡くしている状態でもあるので要因の一つでもあります。

成長したいという熱々の温度の僕と、疲れ気味のスタッフ。

シアワセをデザインすることを掲げているくせに、この状況が良いわけがない。

・・・

そこから、「シアワセ」について考え始めました。

スタッフの幸せって何だろう?
会社が成長する事がスタッフの幸せに繋がるのだろうか?

そしてぐるぐると考えた結果、一つの結論に至りました。

会社の成長を止める事がみんなの幸せにつながるのではないか。と。

何にしても同じだと思うのですが、成長するためには努力が必要で、何かを犠牲にしなければいけません。
プロ野球選手だって最前線で活躍するためには、人よりも多く練習をこなす必要があります。
その為には「時間」を犠牲にしたり、「趣味」を控えたりするわけで。

成長する為に、スタッフに多少なりとも無理をさせてしまっていたのです。

このままではいけない。

そんな想いから僕は決断をしました。

「がんばらない経営」にシフトすることを。

そう決めた瞬間に、今まで悩んでいた事が一気に腹落ちしました。

偶然なのか必然なのか分かりませんが、もともと考えていた事と、
ここへきて変更になった事、予定されていたイベントなど全てのタイミングが今年の年末にかけて重なっていて。

変わるタイミングは今しかない!

お客さんを幸せにするためには、まずは自分たちが幸せでなければいけない。
お客さんを豊かにする為には、まずは自分たちが豊かでなければいけない。

Xデーは2022年1月。
残り2ヶ月を切っています。

改革には大きな痛みを伴いますが、ひるまずにチャレンジしていきたいと思います。

それではまた!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > がんばらない経営を実践します

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。