希望の光が見えると… | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

希望の光が見えると…

ブランディング

POSTED | 2021.10.01

WRITER | ハギワラ マサタカ

希望の光が見えると…
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「希望の光が見えると…」というテーマについてお話ししたいと思います。

予めお伝えしておくと、今日の記事は何かためになるお話しではなく、
コンセプト設計時の気持ちの変動(浮き沈み)についてご紹介したいと思います。

おそらく既にコンセプト設計を終えられた方は、「うんうん!そんな感じだった!」と頷いていただける内容だと思います。

開始直後に突如現れる壁

現在、弊社には多くのブランディングのご依頼があり、何件ものブランディングプロジェクトが進行中です。

ブランディングに着手する際、まずはコンセプト設計から入っていくのですが、コンセプト設計に取り掛かる段階では、皆さんモチベーションやテンションが高めです。

「これからじっくりと唯一無二のブランドを作っていくぞ!」という強い意気込みと、どんなブランドが出来上がっていくのかというワクワク感がいつもこちらにも伝わってきます。

ですが、実際に取り組み初めて環境分析のフェーズにくるとそのテンションが一変します。
特に3C分析の時は皆さん頭を抱えてしまうことが本当に多いです。

「自社の強みってこれだけなの…?」
「他社より勝っているところがあまりない…」
「競合の良いところばかり見つかる…」
「これでは良いブランドが作れないのでは…?」

このような感じで3C分析になると一気に不安に駆られてしまうのです。

先が見えない、暗いジャングルの中に迷い込んだ様な気分になってしまいます。
(これは自社でワークショップをやった時も同様でした。)

ですが、ここは我々ブランドマネージャーがしっかりとサポートをさせていただき、「ここが市場機会になるな。」という仮説を導き出し、多少まだ不安を抱えたまま次のフェーズに進んでいきます。


希望の光が見えた瞬間

そこからターゲティングやポジショニングへと進み、それらを経て、いよいよブランドアイデンティティを決めるフェーズに入ります。

このフェーズにくると、突如として希望の光が見え始め、今度は一気に感情が高まってきます。

「自分たちのブランドってこういうことだよね!」
「他社にはないコンセプトだ!」
「このコンセプトがデザインによってどの様に具現化されるのだろう!?」
というワクワク感が止まらなくなっていきます。

ファシリテーションさせていただく僕たちとしても、ブランドアイデンティティが決まった瞬間はとても感情が高まります。

そこからはブランドアイデンティティを常に頭に置きながら、それを多くの方に感じとってもらうにはどうすれば良いのか?を考えていきます。
ここからワークショップの進みが急激に早まります。

自分たちの存在が明確になると、やるべきことも自然と浮かび上がってくるものです。
希望の光が見えるだけでワクワクが止まらなくなり、人のモチベーションはこんなにも変化していくのです。

明るい未来を見せていく

コンセプト設計が終われば、いよいよロゴの制作をし、そしてその次にはホームページ制作が待っています。
ここでどんなデザインが施されて、自社の魅力が存分に反映されたサイトが出来上がるのか。

想像しただけでワクワクしてしまいます。
(ロゴやホームページの完成が本当に待ち遠しいですね。)

ブランディングの仕事をしている僕らは常にお客様に対して「希望の光(明るい未来)」を見せていかなければならないと思っています。

ただ、ロゴやホームページの完成がゴールではありません。 そこからどのように成果を出していくのか…
完成後のその先の明るい未来もサポートさせていただく中でしっかりと見せていける様、引き続き頑張りたいと思います。

ブランディングって人生そのものみたい。


それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 希望の光が見えると…

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。