プロジェクトが進まないモヤモヤ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

プロジェクトが進まないモヤモヤ

仕事のこと

POSTED | 2021.09.22

WRITER | ナカムラ ヒロキ

プロジェクトが進まないモヤモヤ
こんにちは!

お客さんから高級ぶどう「ナガノパープル」をいただき、ルンルンのナカムラです。

さて、ここ最近は変な忙しさでバタバタとしています。
そんな中、ずーっとモヤモヤとしています。

どうしても仕事はお客さん優先になるので、
自社のアレコレは完全後回しです。

そのおかげで、自社の諸々のプロジェクトが進んでいません。
ちっとも前に進んでいない気がするのです。

多分、経営者の皆さんは日常的にこんな気持ちになっていることと思います。
前に進みたいという気持ちばかりが先行するも、実動が伴っていない。

社内を見渡してみても、決してみんながサボっているわけではなく。
むしろめちゃくちゃ忙しそうで。

そうなると「忙しいのであれば仕方がない」で納得せざるおえません。

やっぱりここには「労働時間の壁」が存在していて。

どうがんばっても週に40時間という労働時間の壁があるので、
日常業務プラスアルファのお仕事をお願いすることができなくなるわけです。

そうは言っても、進めなければいけないプロジェクトもあります。
そんな時には3つの選択肢が生まれます。

①新たに人を採用する
②全体的に仕事の量を減らす
③社長自ら頑張る

①と②については時間がかかります。

新たに人を採用しても、すぐに100%の能力を発揮できるものではないので、
ある程度の教育期間が必要になります。

全体的に仕事の量を減らすことも、相手があってこその仕事なので、
すぐに減らす事はできません。

となると、残る選択肢は③の「自ら頑張る」です。

①と②は長期的な視点で取り組んでいかなければいけませんが、
③については賛否両論あったりします。

でも考え方によっては社長が自ら頑張るという選択もありだと思います。

新しいプロジェクトって何より準備が大変なものです。
考えることも多ければ、やらなければいけないことも多くて。
相当なエネルギーを要します。

そこで40時間の壁にぶち当たり、跳ね返されてモヤモヤするのであれば、
グイーッと一気にスタートラインまで、
社長が引き上げてしまうやり方もアリなのかもしれません。

とかく今の僕は燃えまくっています。
モヤモヤは火種にしてモエモエ(燃え燃え)にしてやります!

モヤモヤなんかしている暇はないっす!
力技でがんばります!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > プロジェクトが進まないモヤモヤ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。