BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 当たり前を常に疑うクセ

POSTED | 2021.09.20 CATEGORY | 仕事のこと

当たり前を常に疑うクセ

こんにちは!

僕はこれでもデザイナーの端くれではあるのですが、
最近ではデザインを作っている時間よりも、数字と睨めっこする時間が多いナカムラです。
(´-`).。oO 学生時代好きだった科目は数学!

さて、今日は「当たり前を常に疑うクセ」というお話をしたいと思います。

今から15年程前、僕は犬の洋服やナチュラルフードを販売するお店を開業しました。
2004年は消費税の総額表示が始まったり、
運転中の携帯電話使用が罰則対象になったり、
イチローが活躍したりした年です。

インターネット界隈においては、mixiやブログが流行り、
EC市場が少しずつはじまり出した年だったようです。

その頃はホームページもまだ持っていることが当たり前ではありませんでした。
「別にホームページは必要ないかな」が多くの会社やお店の認識でした。

僕の仕事は「小売業」に分類される仕事で、
対面での接客が100%でした。

それまで接客業の仕事しかやったことがなかったので、
接客については少しばかり得意でした。

ただ、犬の洋服やナチュラルフードという商材は、
当時はかなりニッチな領域でした。

当時ペットブームで盛り上がりを見せていましたが、
こと地方においては、まだまだ犬に洋服を着せる文化がありませんでした。
さらにはドッグフードはホームセンターで安く販売しているものを買うのが当たり前で。

僕は商品を仕入れて販売する仕事だけでは生きていけず、
まずは文化を作る事から始めなければいけなかったのです。

色々と試行錯誤を行ったり、集客活動・周知活動を行い、
なんとかある程度の売上を作れるまで成長した頃のこと。

僕はお店に対して限界を感じ始めたのです。

生活必需品を扱うお店ならまだしも、
趣味・嗜好品に分類される商材を扱っているので、
景気の動向によって売上がかなり左右されてしまう。

そんな不安から「インターネット」に少しずつシフトを始めました。

慣れない「ホームページビルダー」というソフトを使ってホームページを作り。
参考になるサイトを徹底的に研究して改善を繰り返しました。

すると、ホームページを見て遠方から来店していただけるようになりました。
そしてEC市場へも参入し商圏を全国に広げることができたのです。

あの時、実店舗のみに頼っていたら・・・
きっと、もっと短命で終わっていました。

お店を開けばお客さんが来店して商品を購入してくれる。
これってすごく当たり前の事のようですが、決して当たり前ではなく。

仮に今は良くても、数年後に同じ形で生きていかれる保証はありません。

「当たり前を常に疑う」

これは今でも常に意識していることです。
満足して胡座をかいていたら、絶対に足元を掬われますから!!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE