どこまでいってもコミュニケーション | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

どこまでいってもコミュニケーション

仕事のこと

POSTED | 2021.09.16

WRITER | ハギワラ マサタカ

どこまでいってもコミュニケーション
こんにちは!
ハギワラです。

今日は「どこまでいってもコミュニケーション」というテーマについてお話ししたいと思います。

昨日は、「マネジメントの第一歩は背中で語る」という記事を書かせていただきました。
話の流れが掴めない方はまずそちらをお読みくださいm(_ _)m

今日の内容は、成果を出し、実力や仕事に取り組む姿勢に関して、周りから信頼を得られた状態後のお話です。

分かり合えないの大半は知らないから

信頼が掴めたならば、次はやっぱりコミュニケーションです。

僕は小売業の店長時代に、様々な店舗を経験してきました。
異動する度にその店舗のスタッフの方々に、これまでのことをヒアリングするのですが、大体決まった内容の回答があります。
それは、「前の店長と話した記憶があまりない。」という回答です。

話す内容は、仕事以外のことに関する雑談や仕事に対する価値観など様々ですが、どんな会話の内容にも価値があると思っています。
雑談は必要ないと思われがちですが、やっぱり大事です。

これまで分かり合えなかった人と一回の飲み会をキッカケに分かり合える様になったという経験はありませんか?
僕は何度もあります。

弱さ(余白)を見せる

昨日の記事でも書いた様にうまくいっている店長は着任当初の段階では、成果を出すまで黙々と作業をしています。
そんなバリバリ仕事をする人の違った一面を発見すると興味が湧いてしまいますよね。

さらには、雑談の中でその人の弱い部分(余白)が見えたりすると、この人の力になりたいと思う様になります。

あえてその様な部分を見せない様にしている方もいるかと思いますが、僕個人としては弱さも見せた方が良いと思っています。

人間味を感じた方がなんだか安心しますし、応援したくなるじゃないですか。笑

店長に協力しよう。応援してあげよう。という感情は間違いなく余白を見せてこそ湧いてくるものだと思います。

月に一度の面談

今の仕事の状況、悩み、目標に対する進捗度などをじっくりと話す時間を設けることはとても大切です。
スタッフの方は常にリーダーの様子を伺っているはずです。
「いやいや、うちのスタッフはそんなことないよ!」と思われるかもしれないですが、
多くの方はどう思われているのかを気にされているはずです。

自分が見放されていると感じていればモチベーションは下がりますし、しっかり見てくれていると感じればモチベーションが向上します。

そうなるとやっぱり月に一回は少しの時間でも今の現状について話す機会は確保すべきだと思います。

細かい面談の内容については以前書かせていただいた記事をご参考ください。↓
https://pocket-design.co.jp/journal/20210708-8/
リーダーは誰もが気持ちよく働ける環境を作り、個々やチームの目標、目的達成の後押しをする。
そのために必要なのが教育、オペレーション構築、チームビルディングなどになってくるのだと思います。

コミュニケーション不足では、この様な環境作りをするのはまず難しいです。
トラブルの大半がコミュニケーション不足によるものです。

この記事が、周りの人とのコミュニケーションはどの程度取れているのか。を改めて見つめ直すいい機会になれば幸いです。


それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > どこまでいってもコミュニケーション

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。