BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 本当に良いお客さんと付き合う

POSTED | 2021.09.11 CATEGORY | マーケティング

本当に良いお客さんと付き合う

こんにちは!

先日、お客さんと話をしていて、
あーなるほどなと思った事があったので共有したいと思います。

ポイントの話です。

お店のスタンプカードや、電子マネーのポイント、ECサイトのポイントなど。
世の中には実にたくさんのポイントシステムがあります。

僕の身の回りには物が溢れかえっています。
ミニマリストには地球がひっくり返ってもなれない程です。

ただ、ポイントカードなどの類についてはほぼ持っていません。
カードミニマリストです(笑)

その大きな理由は「めんどくさい」からです。
そして、電子マネーの普及によって財布を持ち歩かなくなったのも理由の一つです。

だから、スタンプカードをお作りしますか?
の問いには「不要です!」の一択です。

そんな中、稀にポイントカード(アプリなどがほとんどですが)を作る事があります。
それは、よっぽどそのお店の事が気に入って、これから定期的にお世話になろうと決心した時です。

ポイントカードを作ったといっても、ポイントにそれほど価値を感じていません。
お店のことが気に入っているからこそ利用するので、
ポイントがあるからそのお店に行くわけではないのです。

だから、仮にポイントカードが廃止になっても、
その後も間違いなくお店に通い続けます。

前置きが長くなってしまいました。

お客さんとの会話の中でポイントの話題になり、
「ポイントに執着しないお客さんはいいお客さんだ」
という結論に至ったのです。

消費者としてポイントを求めることは決して悪いことではありません。
僕だって臨機応変にポイントを上手に活用しています。

ただこれがお店側の立場として考えてみると、

ポイントありきで来店している=ポイント制度がなくなったら利用しなくなる。
他店の方がポイント還元率が高い=他店に流れていくのです。

ポイントではなく、自店の価値に対して気持ちよくお金を払ってくれる人は、
いいお客さんであると思うのです。

そんなお客さんが増えてくれれば、お店としても本当に楽です。

ポイントカードがなくても、きちんと成立するお店を目指して、
ブランディングしていきたいものです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE