教育体制強化中 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

教育体制強化中

仕事のこと

POSTED | 2021.09.06

WRITER | ハギワラ マサタカ

教育体制強化中
こんにちは!
ハギワラです!

今日は「教育体制強化中」というテーマについてお話ししたいと思います。

先日の記事でも書かせていただきましたが、現在、弊社ではブランド推進室立ち上がり、今まさにプロジェクトが進行中です。
野尻湖MTGの際に課題を発掘し、多くの課題が浮かび上がってきました。

中でもやっぱり強化すべき点は、「教育」です。

以前からなんとなくここだ課題かな?というような認識はあったのですが、このような場で深掘りしてみると改めて教育の重要さを認識でしました。

一人の力に頼ってはならない

一人の力ではやはり限界があって、一人で稼げる金額にもやはり限界があります。

例えば、社内に一人だけ経験豊富なトップセールスマンがいるとして、もしそのトップセールスマンが急に何かが原因で長期的に離脱することになってしまったら、その期間の売上は大幅に下がることになると思います。

また、その方が担当していたお客様に対して、社内の他の誰かが代わりとなって担当したとしても、知識や経験等の力の差は歴然で、それをお客様もすぐに感じ取ってしまうと思います。
結果、お客様にご迷惑をおかけしてしまい、不満を抱かれてしまうはずです。

自分独自の強みを活かして、自分だからできる仕事を持つことももちろん大切です。
それが自分の価値となり、今後多くの人に求められる人間になっていくからです。
(個人のブランディング)

ただ、会社というチームで動いていく以上、やはり最低限、全員が同じレベルで仕事ができるようにしていかなければなりません。
でなければ、優秀な人材が一人でも欠けてしまった時にチーム全体に大きな悪影響を及ぼしたり、お客様にもご迷惑をかけてしまいます。

再現性を意識する

となれば、できるだけチーム力の底上げが必要です。
つまり、再現性を意識して、誰でも必要最低限のパフォーマンスを実現する仕組みを作り上げていかなければなりません。

そこでやっぱり必要なのは「教育」です。

マネジメントの中でも特に重要なのが教育(人)だと思います。
ただ一方的に知識を叩き込むだけが教育ではありません。

やはりインプットとアウトプットを何度も繰り返し、実践してみて、そこから成果が得られるようになって、スキルが身についていくので、そのような場所を作っていかなければならないと思います。

今弊社ではまさにこの仕組みを作り上げているところです。
成功と失敗を繰り返しながら自社独自の教育システムを作り上げることができれば、これもまたインターナルブランディング(企業の内側に向けたブランディング)に活かしていけると思います。

教育ももちろん大事ですが、成功事例、失敗事例の共有や、必要最低限のマニュアル整備も大切です。

「教育」・・・
今この時代で、間違いなく必要性が増しています。
是非一緒に取り組んできましょう。


最後に、
どこが根本的な課題かを見つけることができれば、今すぐに取り組まなければならないことが明確に浮かび上がってきます。
「あれもやらないと」「これもやらないと」と、なんとなく頭の中がゴチャゴチャしている時は、
前の記事で書かせていただいたワークショップを行い、(https://pocket-design.co.jp/journal/20210903-8/)
課題を整理し、尚且つスタッフ全員がその課題に対して共通認識を持てるようにしていくことをお勧めします。

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 教育体制強化中

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。