BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 誰かに判断を委ねていいの?

POSTED | 2021.09.01 CATEGORY | 仕事のこと

誰かに判断を委ねていいの?

こんにちは!
はぎーです!

もう9月になってしまいましたね。
今日の朝は久々に肌寒くて、もう夏が終わってしまったのかと少し寂しい気持ちになっていました。。。
汗をダラダラ流しながらランニングをするのが好きなんです!!


さて今日は、「誰かに判断を委ねていいの?」というテーマについてお話ししたいと思います。
完全に僕個人のお話になりますがご容赦ください!

ここ最近、僕はいくつか難しい選択を迫られていました。
少しでも気を緩めれば、頭の中はそのことでいっぱいになります。

どうすればいいのか…と常に悩んでいました。

様々な人に話を聞いてもらい、有り難いアドバイスを多くいただきました。
また、相談している中で、改めて自分の欲求や頭の中でゴチャゴチャしていたことが整理されていったので本当に皆さんには感謝の一言です。

それでもなかなか最後の決断ができずにいました。

ですが、思い悩んでいる時にふと思ったのです。

多くの人に相談しているけど、本当に自分がしたいことは既に決まっていて、ただ背中を押して欲しかっただけなんだと。

二つの選択があって、誰かに「こっちにしな」と言われ、それに従っても、自分が決めた選択でなければ頑張りきれずにいつか心が折れてしまうと思います。

やっと決心がつきました。
今までの人生で一番の重い決断だと思います。

自分で決めたことは、何がなんでもやり抜きます。

時期がきたらブログでご報告します。


、、、、、、と、そんなことを考えているとき、コンセプト設計にも同じことが言えるなと思いました。

時々、「コンセプトを作ってください。」とご依頼をいただくことがあります。
ですが、我々のみで考えたコンセプトでは、ご依頼いただいた会社のスタッフさんが自分ゴトとして捉えることができず、おそらく何がなんでも成功させようとは思わないはずです。

誰かに指示されたことに、夢中になれる人はなかなかいないと思います。

自らの意志で動かないと、本気で取り組むことはできません。


引き続き頑張ります!

それではまた!

WRITED BY

萩原

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。
メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。

お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE