斬新なアイデアはいらない | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

斬新なアイデアはいらない

仕事のこと

POSTED | 2021.08.24

WRITER | ナカムラ ヒロキ

斬新なアイデアはいらない
こんにちは!

今日はブランドワークショップを行い、WEBの制作を行い、動画の制作を行い、
パンフレットの制作を行い、キャッチコピーを考えとオールジャンルの仕事をしていたナカムラです。
(´-`).。oO もはや何屋さんか分かりません。

さて、今日は会議でついついやってしまうNGな事についてお話ししたいと思います。

会議の際に、斬新なアイデアを出そうとがんばってしまう人っているじゃないですか?
(ここでは斬新なアイデア=これまで誰も思い付かなかった革新的なヒラメキとします)

会議に参加したという爪痕を残したい気持ちからだと思うのですが、
斬新なアイデアは会議を乱してしまう恐れがあるので気をつけた方が良いと思うのです。

まず、斬新なアイデアにどれくらいの価値があるかなんですが、思い出してみてください。
斬新なアイデアが実際にプロジェクトになったことってありますか?
おそらく全くないに等しくないですか?

または進めようとしたけど、様々な弊害がありなかなか進まずにたち消える。。みたいな。
斬新なアイデアって以外とやっかいだったりします。


満足感だけを残して何も残らない

会議の途中で、突発的に斬新なアイデアが出ると、場のテンションが最高潮になり、
みんなの目がキラキラし始めます。

そしてその話に引っ張られて大きく脱線していきます。

結果、会議が終わりを迎えた時、みんなの満足感(会議の充実感)は100%に近くはなりますが、
実際に蓋を開けてみると何も変わっておらず、
会議に時間を奪われ山積みになった仕事だけが残ります。

斬新なアイデアは場の満足感だけをもたらし、
何も残らないなんて事になりかねません。

もちろん、斬新なアイデアを考えるなとしてしまうと、
アイデアを出しても無駄=発言しても無駄という雰囲気に包まれてしまうので、
自発的に考えたり意見を出さなくなってしまいます。

それはそれで困るのですが、こと会議においては、
本来解決しなければいけない事を話し合う場です。

斬新なアイデアを出す為の会議であれば別ですが、
突発的で斬新なアイデアは思いつきで発言するのではなく、
きちんと事前に資料なりエビデンスを用意しておいたほうが良いですよね。

少し調べれば全く斬新なアイデアではなかった、
レッドオーシャンだったなんてこともあります。

その事で優秀な人が時間を割いて集まっている大切な時間を、
無駄なモノにしてしまう(脱線させてしまう)ことに繋がるかもしれない事を
頭に入れておかなければいけません。

会議の目的は明確に。

斬新なアイデアはTPOをわきまえて。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 斬新なアイデアはいらない

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。