ひとりで突っ走らないで! | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ひとりで突っ走らないで!

経営について

POSTED | 2021.08.21

WRITER | ナカムラ ヒロキ

ひとりで突っ走らないで!
こんにちは!

かっぱえびせんにガーナチョコがかかった期間限定のお菓子にハマっているのですが、
ほっとんどのお店に売っていない・・・
早くしないと期間限定だから終了しちゃう・・・と焦っているナカムラです。

さて、とある会社さんで「インターナルブランディング」に取り組み始めました。

インターナルブランディングとは内向けのブランディングです。
外向けのエクスターナルブランディングは、ロゴやWEBなどを活用して、
外向けに一貫して発信を行なっていくものです。

どちらかといえば、やはり内向けのブランディングの方が重要です。
(´-`).。oO めちゃめちゃ実感してます。。

なぜなら外向けばかりいい顔をしていても、
実際にブランドに触れた時に中身が伴っていなければ、
消費者の期待を裏切ることになり、マイナスなイメージのブランドになってしまうからです。

会社で働いている一人ひとりがブランドを作っているのです。

内向けのブランディング、超重要です。

しかし、めちゃくちゃ時間がかかるので、それこそ数年越しのプロジェクトになるかもしれません。
それでも絶対に取り組む価値ありです!!

どの会社さんにも多かれ少なかれ課題はあるはずです。

それらの課題に共通して言えることは、
「人」「仕組み」「教育」で、ここの部分って中々難しく、一朝一夕にはいきません。
時間をかけて取り組んでいかなければいけないのですが、
前提としてその取り組みの中に経営者さんは入らない方が良いです。

中小企業の多くは社長がトップセールスです。

そして社長の一声でいろんな事が決定していきます。

社長の権力が大きすぎるので、社長が右と言えばみんな右に進むのです。

その事は決して悪いことではありません。
そうやって成長している会社もあります。

しかし社長の意見ばかりを優先してしまうと、
やがてスタッフの思考が停止する可能性があります。

「考えても無駄じゃない?」と。
そうなると社長ばかりが「突っ走っている状態」になります。

マラソンで言うと社長だけが後続を突き放し5km先を爆走している状態です。

スタッフはどうせがんばっても1位にはなれないから、
みんなで仲良く走ってこうぜ!と歩幅を合わせ始めます。

結果的に会社の成長は止まるか後退していきます。
または社長が戦線離脱した瞬間に会社は終わってしまいます。
それを防ぐために、経営者さんを除いた状態で、

「みんなで会社の未来を考える場」を作り、
止まっていた思考のスイッチをONにしてあげる必要があるのです。

インターナルブランディングはそこから始まるのです。
そんなこんなで、うちの会社の場合は僕が経営者なので、
自分で自社の事をやるわけにもいかず。。

誰かにインターナルブランディングして欲しいと切に願っています。
それぐらい価値があるものだと思っています。

自社の強みがないor弱いのなら、今からでも遅くない!
一緒に育んでいきましょう。

そんな心持ちで参加させていただいてます。

とにかく絶対におすすめです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ひとりで突っ走らないで!

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。