BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 顧客は1人とは限らない

POSTED | 2021.08.18 CATEGORY | マーケティング

顧客は1人とは限らない

こんにちは!ナカムラです!

タクシーの運ちゃんに何のお仕事をしているかを聞かれる事が多くて、
決まってデザイン関係のお仕事ですか?と先に質問されるので、
こうなると多分一人前のデザイナーであることに違いないと確信したナカムラです。
(´-`).。oO タクシーの運ちゃんに認められてこそのデザイナーです。

さて、今日は「顧客は1人とは限らない」というお話をしたいと思います。

突然ですが、しまじろうで有名な「こどもちゃれんじ」を展開しているベネッセさん。
ベネッセさんの顧客って誰なのか考えたことありますか?

商品自体はこども向けなので、対象のこどもが顧客になります。
しかしながら、こどもが自分で申し込みを勝手にするわけではないので、「お母さん」が顧客になります。

ところが、お母さんは勝手に申し込むわけにはいかず、
お父さんに同意を得てから申し込むことになります。

うん、とっても複雑です。

最終決済がお父さんとなると、ベネッセさんの広告戦略はお父さんに向けて行った方が良いのでしょうか?
それとも、お母さん?いやこどもなのか?

うん、とっても複雑です。

正解は何なのか知りませんが、ここで広告戦略を考える際に頭に入れておかなければいけない点があります。

顧客には「使用者」「意思決定者」「支払い者」がいるのです。
こどもちゃれんじの場合、使用者は子供で、意思決定者はお母さん、支払い者はお父さんとなります。

なので広告戦略を考えるときは、異なるタイプの顧客に対して、
異なる打ち手を繰り出しながらも、包括的に見た戦略が必要になるわけです。

その広告のターゲットとなる顧客は誰なのか?
無駄に広告コストをかけないためにもきちんと頭に入れておきたいものです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE