BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > ブログの冒頭の挨拶文の謎

POSTED | 2021.08.10 CATEGORY | ホームページのこと

ブログの冒頭の挨拶文の謎

こんにちは!

銘菓、「萩の月」ってご存知ですか?
そのポスターを見るうちの萩原くん(通称はぎー)がチラついてやまないナカムラです。

さて、ブログを定期的にみていただいている方はすでにお気づきかと思いますが、
僕はブログの冒頭の挨拶文の書き方を定期的に変えていました。

自己紹介を真面目にしてみたり、想いを入れてみたり、何も入れなかったり。

なぜ変えていたかというと、変えたらどうなるかの実験です。
決して飽きたから変えていたわけではございません。

きちんと理由があって変えていたのです。

実はブログの冒頭の文章について良いとされる文章は諸説あります。
毎回自己紹介をきちんとした方が良いという説もあれば、
結論を先に持ってきた方が良い、目次にした方が良いなど様々です。

で一体全体、実際のところどーなんだ!という興味本位からの実験です。

結論ですが、よくわかりません!

よく分かりませんが、どうやら目的によって変えた方がよさそうという結論に落ち着きました。

ブログを書く目的を大きく2つに分けると
・SEO対策(検索順位を上げる対策ね)
・ファンづくり です。

SEOに重きを置いた場合、結論を先に持ってきた方がよさそうです。
そしてその説明をつらつらと書いていく。

なぜなら、Google先生はブログ記事の上の方から順に重要視しています。
上の方にある内容の方が重要でしょ!と判断するので、
重要な文章は上の方に置いておいた方が良さそうです。

さらに、情報を求めている来訪者はせっかちなので、
パッと訪れたサイトをパッと見て、自分の欲しい情報がなければ、
瞬時に去っていってしまいます。

なので、冒頭に結論を持ってきて、あなたの求めている情報はここにあるよ!
とアピールしてあげると良いということなのかもしれません。


そして次にファン作りに重きを置いた時。
この場合は、くだらない話を先に持ってきた方が良さそうです。

シュムージングという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

いきなり本題を切り出しても相手は耳を傾けてくれなくて。

本題を切り出す前に、自分のことをネタにした雑談を挟むことにより、
自分の話に耳を傾けてくれやすくなるそうです。

僕はどちらかと言えばSEO対策というよりは、
たくさんの人に読んで欲しい=ファンづくりに重きを置いているので
冒頭にくだらない話を差し込み続けようかなと思っています。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE