退職の相談をされる時 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

退職の相談をされる時

経営について

POSTED | 2021.08.09

WRITER | ナカムラ ヒロキ

退職の相談をされる時
こんにちは!

僕は流行に敏感すぎるので、早くも来年の5月病を先取りしているナカムラです。
(´-`).。oO うそだよ

さて、多分経営者あるあるだと思うんですけども。

スタッフの人から「ちょっとお話があるんです」って言われると、100%ドキっとしますよね。

何故かというと、ちょっとお話があると言う時は、大体「会社を辞めたいんです」
みたいなお話をされるケースが多いからだと思います。

なので、「ちょっとお話があるんです」と言う言葉をスタッフから出させないような
会社作りをしていかなければいけないわけです。

しかし、万が一「ちょっとお話があるのです」と言われた時、僕は決めてることがります。
それは引き止めないということです。

ちょっとばかし語弊のある言葉を使ってしまいますが、会社も結婚と一緒で、
働いてみないと分からないことって多いと思うんです。

一生に一度の人生、ずっと同じ会社で働く必要はないと思っていて。

他にやりたいことがあるのであれば、そっちを選択してもらって良いと思うのです。

そこに関して束縛する事はありません。

もしも、その退職する理由が「会社の落ち度」であった場合、
そこは全力で改善しなければいけないのですが、
辞めたいスタッフに、今後全力で改善する約束をしたところで時すでに遅しです。

たとえ短い時間だったとしても、スタッフとして働いてもらっていた以上、
一番考えなければいけないのは、スタッフの幸せです。

スタッフの幸せが自分の会社で叶わないのであれば、
それは会社の力不足であり、受け入れなければいけない点です。

でね、昔とあるスタッフに言われたことがあります。

いつもの通り?ナカムラさん話がありますと言う流れで退職の話をされました。
その時、いつも通りそのスタッフを止める事はしませんでした。

それを聞いた他のスタッフが、あの人が辞められたら困ります!
もっと全力で引き止めてください!と言ってきたのです。

確かにそのスタッフが抜けると、会社として大きなダメージになります。

できれば残って欲しいとは思うのですが、やっぱり引き止めませんでした。

仮に話をしてスタッフが辞めるのを思い直したところで、
一度辞めたいと思ってしまったらもう後戻りできません。

ずっと「いざとなれば辞める」という選択肢を持ち続けたまま働いてもらうことになります。

これってお互いにとってよくなくて。
辞めると決めた時にすぐに行動できれば、スタッフは早い段階で次の会社に行けます。

会社としても次の打ち手をすぐに打てるので、結果的にお互いの無駄な時間を生まずに済みます。
引き止めている間、お互いの幸せから遠ざかってしまっている気がしてならないのです。

人によってはナカムラさんって冷たい!って思うかもしれません。

でもそこで変な優しさを出すことによってお互いにとってマイナスになることを考えれば、
速攻で受け入れる事を選んだ方が良いのではないかなと思っています。

まあそもそも、「ちょっとお話があります」と言われないような
会社づくりをすることが重要ですよね。。

がんばります!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 退職の相談をされる時

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。