結局なにがしたいの? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

結局なにがしたいの?

ブランディング

POSTED | 2021.07.29

WRITER | ハギワラ マサタカ

結局なにがしたいの?
こんにちは!
ハギワラです。

今日は「結局なにがしたいの?」というテーマでお話ししたいと思います。

会社の施策でよくあれもこれもと手を出して、全てうまくいかないなんてことありますよね。
僕もこれまで何回かそのような経験をしてきたことがあります。

今の時代はなにが当たるのかがより不明確になっている時代なので、多くのことに手を出すことは個人的には間違ってはいないと思います。
(むしろ必ずすべき!!)

多くのことにトライして、ダメだったら即撤退する。そしてまたトライする。
これを繰り返すことで、いくつかの希望の光が見えてきます。

闇雲に手を出さない

ただ、やっぱりうまくいかないことには必ず理由があるはずです。

失敗の原因が事前にわかっていれば、その原因を避けて施策を行うことができます。
なので多くのトライをすることはとてもいいことなのですが、なにも考えずに闇雲に手を出すことは極力避けるべきだと思います。

大企業は多くのリソースがあるので、その分多くの事業を始めることができます。
ただ、僕たちのような中小企業は少ないリソースで新しいことにチャレンジしていくしかありません。

できるだけ、無駄なことはしたくないというのが正直なところです。

つまり求められるのは、より精度の高い戦略を立てて可能な限り手数を出すことです。
さらには、中小企業の一番の武器であるスピードを最大限活用していかなければなりません。
(もう全てですね;;)

リソースが少ない分、闇雲に数打てば当たる戦法では、いずれ疲弊してしまいます。

ブランディングができていないと、闇雲になる。

ブランディングをしていてよく思うのですが、中小企業こそブランディングが大事なのではないかと思います。

ブランディングをして大企業では立ち入ることができない戦略を構築したり、少ないリソースを効率よく活用していかなければ、大企業に市場を奪われてしまいます。

ブランディングは自分たちの「こう思われたい」と、ターゲットの「こう思う」を一致させていく作業です。
自分たちの「こう思われたい」がそもそも不明確で、さらに時代に合ったものでなければ、やるべき事が見えてきませんし、割いているリソースも無駄なところに使われてしまいます。

情報発信もそうです。
この前、中村さんと「ブランディングができていないと発信することも難しくなるよね。」と話していました。

今は情報発信が誰でもできる時代ですが、
「なにを発信したら良いのかわからない」「もしくは発信していても思う様な反応が見られない」という方はブランディングができていない事が原因だと思います。

闇雲に何かに手を出したり、闇雲に発信をしていると、「結局なにがしたいの?」と思われてしまいます。
これでは信頼も失いかねませんし、ただリソースを無駄にしている状態です。

「ウチのことかもしれない。。」という方はぜひブランディングという選択をしてみていただきたいです。

きっと思いがけない希望の光が見えて、心のモヤモヤが晴れていくと思います。

「結局なにがしたいの?」状態から脱却していきましょう!

それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 結局なにがしたいの?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。