BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 社長はブログを書いた方が良い!

POSTED | 2021.07.29 CATEGORY | 経営について

社長はブログを書いた方が良い!

こんにちは、ナカムラです!

遠目で赤い看板に白抜きの文字が見えた瞬間、キットカットが食べたくなったナカムラです。
(´-`).。oO キットカットの看板じゃなかったよ!

そろそろ、僕が毎日ブログを書く!と意気込んで書き始めてから1年が経とうとしています。
最初は毎日書くのが苦痛で仕方なかったのですが、なんだかんだ365日ブログを書き続ける事ができました。

ブログを書くことによって、様々な恩恵を受ける事ができました。
そして、ブログを書き続けれるにつれて、ブログの本当の重要性を知る事ができて本当に良かったなtお思います。

今日は、社長はぜひブログをやったほうがいいよと言うご提案です。

僕は昔、会社員時代を過ごしていたので雇われている人の気持ちはある程度わかっているつもりです。

雇われている立場の人から見ると社長は遠い存在で、毎日どんな事を考えて、何を考えているのか全く予測がつきませんでした。
知る術がなかったので当然なのですが、知りたいとも思っていなかったかもしれません(笑)
興味がなかったのです・・・(ごめんなさい)

急に社長から次はこんなことをやるから大至急準備をしてくれ!とお達しが出ると、突然のことすぎて動揺してしまうわけです。
そしてこう思います。「また何か言い出した」「きっと思いつきでしょ?」・・・と。
そんな風に思ってしまうことってよくありました。

社長の皆さん分かってますよ!
思いつきで言ってるわけないんですよね?

でも雇われてる人からしてみれば、思いつきでまた何か言ってると思ってしまってるんです。

それは仕方がないことで、そのお達しが発令された前後のシナリオが分からないからです。

どんな経緯でそのお達しに至ったのかが事前に分かっていれば、次はこんな打ち手をしてくるな!という事が予測できます。

突然の雨が降ると傘がなく慌てふためいてしまいますが、事前に天気予報で雨が降る事が予測できていれば慌てずにすみます。
それと同じ事だと思うのです。

もしブログを定期的に書いていれば、今どんな事を考えているのか、スタッフに伏線を見せる事ができます。

特に社長は何を考えているか分からない!という声が聞こえてくる会社の社長さんはぜひブログを開設して発信してみることをおすすめします!
集客にもなり、社内への理解度も深まり一石二鳥です!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE