BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 目標設定で見落としがちなこと

POSTED | 2021.07.07 CATEGORY | 仕事のこと

目標設定で見落としがちなこと

こんにちは!
はぎーです!
今日は7月7日!七夕ですね〜!
これと言って特に何も無いですが、、、(^^;

さて、今日は「目標設定で見落としがちなこと」というテーマについてお話ししたいと思います。

個人でもチームでも必ず今後実現していきたいことは、必ずあると思います。
そしてその実現したいことは、きっと誰かに指示されたものではないはずです。

自分自身が心から思う理想の姿の様なものが、実現したいことになっているはずなので、嫌々な実現したいことは基本的にないと思います。
(チームで無理矢理押し付けられたことに関しては除外します。。。m(_ _)m)
ただ、自分が心から思う実現したい事なのにも関わらず、基本的に実現できていない事が多いですよね。

個人でいうと、例えば「プログラミングを勉強して、いつかプログラミングを活かせる企業に転職をして活躍したい!」や「いつか親孝行をしたい」などです。

チームの場合は、「いつか新規事業を始めて、よりサービスの範囲を広げていきたい!」などです。

ただ、これらの実現したいことには大きな欠点があります。
それは「いつまでに」が抜けてしまっている事です。

すごーーく当たり前なことですが、きっとなかなかできていませんよね?
分かってはいても「いつまでに」は意外と見落とされがちで、自分たちの実現したいことに期限を設けていない事が往々にしてあると思います。

人は基本的に楽をしてしまう性質があります。
また、先のことについては期限が決まっていないと、その他の目の前の業務を優先してしまい、先のことをについては必ず後回しにされてしまいます。

今やメジャーリーグでバンバンホームランを打ったり、三振をとっている大谷翔平選手も高校時代は「マンダラチャート」という目標達成シートを活用して、見事に数々の目標を達成してきています。
彼は高校1年生の頃、「高校生の間に160km/hを投げる!」とマンダラチャートに書いていました。
(誰もが高校時代に160km/h出すなんて想像していませんでしたよね!本当にすごい!)


「いつか」は基本的に100%やってきません。

具体的に「いつまでにこれを成し遂げるんだ!」と目標設定すると、現実的に実現できる可能性が高まります。
できれば、実現したい事と期限を決めたならば、それを実現するための行動内容(実現するために必要な要素)を具体的に設定しておくと良いと思います。

ちなみに、僕も転職前の有給期間中に、自分が怠けない様にマンダラチャートをスマホの待受にしていたこともありました!
(ダイエット目標:1ヶ月以内に-5kg!そのために毎日筋トレ最低何回!と。笑)

「ケツが決まっていないと、なかなか前には進めない」ということです!

引き続き頑張ります!

それではまた!


WRITED BY

萩原

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。
メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。

お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE