BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 技術だけじゃ生きていけない

POSTED | 2021.07.04 CATEGORY | 仕事のこと

技術だけじゃ生きていけない

こんにちは!ナカムラです!
ブランディングとデザインを軸に、次のステップに進みたい中小企業の為、
集客や採用など会社で抱える課題解決のお手伝いをしています。
ワクワクする会社をたくさん増やす為に日々活動しています。

車を運転していて、道を間違え引き返さないといけない時、悔しいのでUターンせずに、小道をうろちょろしながら、緩やかに元の道に戻ろうとしがちなナカムラです。

さて、今日は技術だけじゃ生きていけないというお話をしたいと思います。

僕は2回目の独立の時、痛く失敗をしました。

ある程度ホームページを作れるようになったし、独立しても大丈夫だよね!とめちゃくちゃ甘く考えていました。
結果、泣かず飛ばずで数ヶ月で事業を終えることになりました。

失敗した要因は間違いなく、自分の技術に対する過信です。

良いものを作れば評価されるし、結果的にお金になると考えていました。

周りのホームページ制作会社と比較して、それ以上のものを適正な価格で販売すればよいという判断軸を持っていました。

A社とB社を比較した時にクオリティと価格を天秤にかけて、良い会社を選ぶという至極当然の判断軸です。

ただこれは数ある判断軸の一つに過ぎません。

世の中には無数の判断軸がありますが、基本的には選ぶ側(消費者)の視点に対する判断軸で考えなければいけません。

3人の美容師さんがそれぞれカットした3人の男性を前に、消費者はどの美容師さんの技術が優れているかなんて判断できません。あくまで自分の主観で似合っているか似合っていないかの判断くらいしかできません。

しかし美容師さんが見ればどのカットが優れているかを判断できます。

業界の人と業界外の人とでは見ているポイントが異なるのです。

だから、業界視点での自分が優れている点は、消費者の判断軸に値しない場合が多いのです。

人は自分に都合が良いように捉えてしまいがちです。
だから自分の技術を過信してしまい「勘違い」してしまうのです。

結構この「勘違い」を引っ張り続けることが危険で、行く先は泥沼です。

技術力が高いのに売れない場合はこの「勘違い」をまずは疑った方が良いと思います。
昔の僕にタイムマシーンで飛んでいって言い放ちたいのです。

この勘違い野郎!と。
(´-`).。oO 言葉が悪くてすみません。

決して優れた技術力を否定しているのではなく、何と比較して技術力が優れているか、それによって消費者のどんなニーズを叶えられるのかをきちんと理解していないと、戦うべき場所を間違えちゃうよということです。

例えば僕の場合、勘違いから脱してどう考えなければいけなかったのでしょうか?

まずは消費者がどんなニーズの元、ホームページを作りたいかを検討します。
その結果、集客したいというニーズに焦点を当てることにします。
するとライバルは印刷会社やデザイン会社、集客コンサル会社、広告メディアをもっている会社などになります。

その中で、自分の知識や技術をどう使い、集客したいというニーズを叶えられるのかを検討します。
すると他社よりも優れているか否かが見えてきます。

・・・

当時の僕はどの競合に比べても明らかに劣っていました。
だから、うまくいくはずないじゃん!という結論になります。

自分では技術があるから大丈夫だと思っていましたが、その技術力は業界の人からしてみればそれなりだったのかもしれませんが、消費者からしてみたらクソだったということです。笑

これは正に勘違いというやつです。
(´-`).。oO 恥ずかしい。。

うちの商品やサービスは他社よりも優れている!と過信する前に、誰のどんなニーズとって優れているのかという問いを持っておくと良いかもしれませんね。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE