プレッシャーとの付き合い方 | 仕事のこと | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

プレッシャーとの付き合い方

仕事のこと

POSTED | 2021.07.01

WRITER | ハギワラ マサタカ

プレッシャーとの付き合い方
こんにちは!
ハギワラです。

今日は「プレッシャーとの付き合い方」というテーマでお話ししたいと思います。

組織での仕事には必ず、「評価」というものが付き纏いますよね。
評価が上がれば上がるほど、責任重大な仕事を任され、徐々に重いプレッシャーがのしかかってきます。

自分の能力では、どうしてもやり切れない量の仕事を任されたり、能力以上のことを求められたり、納期に追われたりしても、またプレッシャーがのしかかってきます。

この様に、仕事をしてる以上、常にプレッシャーと付き合っていくことになります。
プレッシャーからは確実に逃げられないので、プレッシャーがかからない方向へ進む事よりも、どの様にうまく付き合っていくのかを考えることが先決です。

僕自身もこれまでプレッシャーに押し潰さそうになったことが多々ありました。
仕事に行きたくなくなったり、夜うまく寝れなくなったりなんてこともありました。

徐々に期待されることが重荷に感じて、「お願いだから期待しないで」と思っていたことも、、、
過度に期待を感じすぎると、プレッシャーに変わり、最終的に「楽しくない。」に変わっていきます。
自分で言うのもアレですが、僕は責任感がとても強いタイプの人間です。

過度にプレッシャーを感じすぎて、気持ちが疲れてしまっていても、良くも悪くも何とかやり切る癖がついています。

この状態のまま、うまく自分のメンタルをコントロールできていなかったり、正直に「キツイ」と言えたりしないと、間違いなくプレッシャーに押し潰されます。
ただ、「キツイです」と言えない気持ちもよくわかるんです。
・期待を裏切りたくない。
・自分の仕事は責任を持って全うしたい。
・周囲に迷惑をかけたくない。
・皆も頑張っているから自分だけそんなことは言えない。
などの理由によりなかなか弱音は吐けないですよね。

ですが、どんな理由であれ、やっぱり体が一番大事です!!
これだけは忘れてはいけないと思います!

また、しんどい思いをしている人がいるということは、それはチーム内にシステムエラーが発生したということです。
正直に伝えてもらうことで、そのシステムエラーの改善にも繋げることができます。
言えなかったりすると、次の犠牲者が出てきてしまうこともあります。
つまり、正直な思いを伝える事は自分のためにも会社のためにもなります。

正直、僕は専門家ではないので、プレッシャーとの付き合い方に関しての正解はよくわかりません。
ですがとにかく、一人で抱え込んでしまうのは絶対にやってはいけないことだと思います。

期待を寄せている上司の方や周りの方も、実はそこまでストレスを感じてしまっていることに気付いていないと思いますし、自分から助けを求めないと、周りの人も声をかけづらかったりします。

周りの人もついつい期待している人には、「期待してるからね」と伝えてしまいがちですが、それよりも、自信を持たせ、行動を後押しする様な伝え方のほうがモチベーションが上がり、良いパフォーマンスが発揮できるのではないかと思います。

参考になるかわかりませんが、僕が心掛けていることは、とにかく「楽観的にいよう!」です。
あれこれ考え過ぎず「なるようになる!」といつも開き直っています。
プレッシャーを感じたとしても、「とにかく楽しもう!」と考えるようにしたり、全力で周りに頼ったりしています。
おそらく、この域をさらに超えてくると「プレッシャーがあることが楽しい!ゾクゾクする!」という変態の域に達するのだと思います。笑
楽しみながらやる仕事は、間違いなくパフォーマンスも向上します!

ただ、それでもしんどくなった時は正直に「キツイです」と伝えます。

正直、ブログを毎日書き続けるのはかなりのプレッシャーです。
(別にやらされているわけではありませんよ!笑)
ただ、この書き続けることをどれだけ楽しみながら続けられるか。
書き続けるにはいろいろとコツはありますが、結局ここが何よりも大切なのだと思います。


プレッシャーは悪いことばかりではありません。 考え方、捉え方、仕組みなどを変えて、うまく利用すれば必ずプラスになっていくので、うまく付き合っていくことが大切だと思います。


引き続き頑張ります!

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > プレッシャーとの付き合い方

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。