仲間がいるって楽しい! | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

仲間がいるって楽しい!

仕事のこと

POSTED | 2021.06.28

WRITER | ハギワラ マサタカ

仲間がいるって楽しい!
こんにちは!
ハギワラです。

今日は「仲間がいるって楽しい」というテーマでお話したいと思います。


先日、とあるセミナーを受講してきました。
そのセミナーを受講していたメンバーは、僕を含めて5名ほどで、
メンバーの中には経営者の方や、管理職の方もいたりして、考え方や視点など、一緒にいるだけで参考になることばかりでした。
(ちなみに全員初対面です。)

僕はこれまでいくつかのセミナーを受講してきましたが、正直過去一で楽しいセミナーでした。
そして楽しいと同時に間違いなく多くの学びがありました。

なぜ、これまでとは違う有意義なセミナーとなったのか?
間違いなく「この5名のメンバーだったから」だと思います。

普段、この様な方々と同じ内容のことについて共に学ぶ機会は滅多になく、ここまで仲良くなれるとは思っていなかったのですが、
やっぱり目的が同じ(このセミナーで学ぶノウハウを今後の企業活動にどう活かすか)だと共通言語が生まれ、話がまあ盛り上がること盛り上がること!

このセミナーで結構しんどい課題をいくつか出されたのですが、いつの間にかメンバー全員参加のグループLINEが立ち上がり、そのグループLINEの中で教えあったり、励ましあったりして、楽しく課題をこなすことができました。
個々の課題にも関わらず、皆で協力をして一つの作品を作っている気分でした。

正直、社内でもなかなかこの様な現象は起きないと思います。

なぜこの様な現象が起きたのか?考えてみたのですが、

先ほども書かせていただいた通り、やはり共通の目的があったからだと思います。
そして、「このセミナーでの得たノウハウを必ず今後に活かすぞ!!」という意識も皆同じレベルである様に感じました。

このセミナーは、他のセミナーよりも比較的費用が高く、今回学んだことを活かしていく場面が明確に描けていないと、受講しようと思わないほどの金額だと思います。
例えば、社員が会社側から「このセミナーを受けてください。」と言われて、簡単に受けさせてもらえる様なセミナーではありません。

つまり、金額が比較的高い事によって、同じ様な意識を持った人のみから申し込みが来る様に、うまくふるいにかけているのだと思います。
おそらく、意識がバラバラな受講生が集まると、ここまで切磋琢磨して学ぶ雰囲気は作れないので、大幅に受講生の満足度が下がってしまうことが考えられます。

なので、「意図的に」この様な現象が起きるようにデザインされているのだと思います。
また、オンラインではなかなか今回の様な雰囲気は作れません。
これはオフラインのセミナーの最大の価値だと思います。
休憩時にはセミナーの内容とは全く関係ないことについて、情報交換をしたり、何か今後一緒にできるビジネスはないかな?と共に考えたりするシーンもありました。
さらには、仕事以外の話で皆で盛り上がったり、笑いあったりする場面も多くあり、短期間にも関わらず強固な信頼関係を築けていたと思います。

やはりオンラインの様な要点のみの会話では、その後の関係の発展はなかなか難しいですし、強固な信頼関係は築けません。
自然と生まれる雑談には大きな価値があると思います。

もちろん、セミナーの内容も大いに価値があったのですが、今回のメンバーの方と出会えたことは、僕にとって大きな財産となりました。
最後には、皆で記念撮影をし、今後も定期的に集まろう!と約束をしてお別れをしてきました。
次東京に行った際は、必ず連絡してみようと思います!


「ワクワク」した場所には、「共通の目的を持った、信頼できる仲間」が必ずそばにいると思います。
今回のセミナーで、そのことを改めて実感することができました。

「楽しい」は偶然できるものではなく、意図的に作れるものです。

引き続き頑張ります!!

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 仲間がいるって楽しい!

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。