ブランディングの効果が出ない理由 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ブランディングの効果が出ない理由

ブランディング

POSTED | 2021.06.23

WRITER | ハギワラ マサタカ

ブランディングの効果が出ない理由
こんにちは!
ブランドマネーシャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「ブランディングの効果が出ない理由」というテーマでお話ししたいと思います。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ブランディングは大きく「エクスターナルブランディング」と「インターナルブランディング」の2つに分けられます。
エクスターナルブランディングは企業の外側に向けたブランディングで、インターナルブランディングは企業の内側に向けたブランディングになります。

これまでの記事にも書かせていただいておりますが、取り組む順番としてはインターナルが優先されます!

どんなに見た目を良くしても、中身を深く知った時に幻滅されてしまえば、これからファンとなり得る方達を自ら減らしてしまっていることになります。
そして中身に幻滅してしまった顧客は、なかなか戻ってきてはくれません。

それぞれのワークショップの役割

僕たちはHP、ECサイト、ロゴ、パンフレットなどのデザイン制作をサービスとしているので、エクスターナルブランディングのご依頼をいただくことがインターナルよりも圧倒的に多いです。

ワークショップを行う際も、エクスターナルブランディングのワークショップがメインになっています。(インターナルは只今準備中です!)
そのエクスターナルブランディングのワークショップの1ページ目でまず取りかかることは下記になります。

・今回のブランディングの目的
・ブランディングに取り組む背景
・自社の歴史
・創業当初から大切にしてきたこと
・経営理念
などについてお考えいただき、ご記入いただきます。

ワークショップで使用するシートは全部で20ページ以上ある中で、実は一番重要なのが、この1ページ目です。
ここで目的や理念について整理しておかないと、一貫性のあるブランディングは行えません。
この1ページ目に一番時間をかけた方が良いと言っても過言ではないと思います。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この1ページ目からのワークショップは「企業の目的」が既に定まっていることが前提となっております。
それは、エクスターナルブランディングのワークショップだからです。
どういうことかというと、エクスターナルブランディングのワークショップよりも前に、インターナルブランディングのワークショップ(企業の目的を明確にする)を行うのが本来の順序だからです。
(エピソードゼロみたいなイメージです。)

話を整理しつつ、それぞれのワークショップの役割をご説明すると、
インターナルブランディングのワークショップでは企業の目的を整理したり明確にする。
エクスターナルブランディングのワークショップでは目的に近づくための目標や手段を明確にする。
この様な分け方になります。

どちらも重要だけど・・・

なので、エクスターナルブランディングを行うよりも前に、インターナルブランディングのワークショップで明確にした「企業の目的」をできるだけスタッフの方々に共感していただかなければなりません。
スタッフの方に共感していただき、自分ごととして捉えられ、行動内容に反映された状態で初めて、エクスターナルブランディングの効果が発揮されていきます。
インターナルが完璧になってからエクスターナルに取り組めないいのかというと、そうではなく、
ここで言いたいのは、エクスターナルばかりに気を取られて欲しくない。ということです。

おそらくブランディングに効果を感じず、断念されてしまうのは、インターナルが疎かになっていることが一つの要因としてあげられると個人的には思っています。
ブランディング戦略を取り入れたことによる恩恵を受けて欲しいからこそ、エクスターナルだけに注力せずに、インターナルにも目を向けていただきたいと思っています。

インターナルブランディングってそもそも何?という方はこちらの記事もぜひお読みください!
https://pocket-design.co.jp/journal/20210315-8/
自社にあったブランド戦略を!


それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ブランディングの効果が出ない理由

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。