BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 売上至上主義からの脱却!売上を下げろ!

POSTED | 2021.06.21 CATEGORY | 経営について

売上至上主義からの脱却!売上を下げろ!


こんにちは、ナカムラです!
ブランディングとデザインを軸に、次のステップに進みたい中小企業の為、集客や採用など会社で抱える課題解決のお手伝いをしています。
仕事を通して、ワクワクする会社をたくさん増やしていきたいと思っています!

最近、何故だか社長と呼ばれる事が多く、今更自分が社長だと認識し出したナカムラです。
(´-`).。oO 今まで何だと思っていたのか笑

さて、今日は売上を上げるよりも大切な事というお話をしたいと思います。

僕は元々、独立願望があったわけでもなく、社長さんになりたかったわけでもなく、億万長者になりたかったわけでもありません。

自分がやりたい仕事ができる会社がなかったから、自分で始めただけでそれ以上でもそれ以下でもありません。

だから、売上を上げることに元々あまり執着がないのですが、スタッフが一人増え、また一人増えていく中で、売上を無視する事が困難になってきました。

売上をガン無視したら、経営が成り立ちません。

しかし、今となってもやっぱり売上を上げ続けていく事に抵抗があります。

多分僕と同じように違和感を覚えている経営者さんも多いと思います。

売上至上主義は苦手です。

売上至上主義は、日本のビジネス界において蔓延する病でもあります。
売上の数字で会社の良し悪しを判断されることも珍しくありません。

だから、ついつい数字を追いかけてしまいます。

売上がなければ社員の給与を払うこともできず、社員の家族を守ることもできません。
しかし、売上が上がることでみんなが幸せになるとは限らないのです。

売上をがむしゃらに上げるよりも、関係者が豊かになれる事の方が大事だと思います。

もちろん最低限の売り上げが担保されている状態であるという条件付きですが、売上と利益のコントロールをきちんと行い、その上で場合によっては売上を下げるという判断もしなければいけません。

売上を下げる判断って、とても勇気がいることだと思います。
ただ売上が下がっても、きちんと利益がとれていれば問題ありません。

そのためには「利益が出る仕事」を選び、「質の高い仕事」をしていかなければなりません。
「仕事を選ぶ」というと何だか上から目線で偉そうに聞こえるかもしれませんが、目を逸らさずにしっかりと考えていかなければいけない問題なのかなと思います。

これって経営者の役目ですよね。
そしてブランディングで解決できる課題だと信じております。

みんなが豊かに働ける会社づくりを目指したいものです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE